干し芋の栄養は?食べ過ぎると太るの?便秘になる可能性も!

リレの生活知恵袋

干し芋の栄養は?食べ過ぎると太るの?便秘になる可能性も!

読了までの目安時間:約 8分

 

hoshiimo_re_kona

 

さつまいもに食べ方はいろいろありますが、

個人的には干し芋で食べるのが好きです。

 

 

歯ごたえはもちろん、噛めば噛むほど甘みが増してきて、

一度食べ始めると手が止まらなくなります。

 

 

 

なので、気が付くと一袋食べてしまうなんてことも少なくありません。笑

 

このような経験をした方は僕だけではないはずです。

 

 

 

 

ただ、食べ過ぎてしまうと便秘になったり太ってしまうこともあるようなので、

ほどほどに食べたいところですよね。

 

 

今回は干し芋を食べ過ぎてしまうと、なぜ便秘になったり太ってしまうのか、その理由を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

干し芋の栄養

 


 

 

 

 

 

まずは干し芋の栄養から見ていきましょう。

 

 

さつまいもの栄養

 

 

 

 

 

・カロリー 303kal

 

・食物繊維 5.9g

 

・炭水化物 71.9g

 

カルシウム 53mg

 

・ビタミンc 9mg

 

・ビタミンE 1.3mg

 

・たんぱく質 3.1mg

 

・ビタミンB1 0.19mg

 

・カリウム 980mg

 

・葉酸 13μg

 

 

 

 

干し芋で注目すべき栄養素はカリウムですね。

 

 

 

カリウムは体内の塩分を排出する効果がありますので、

高血圧の方などには多く摂取してほしい栄養素です。

 

 

その他、鉄分も一日に必要な量の半分を摂取できるほど多く含まれています。

 

 

 

生のさつまいもであればビタミンCが豊富に含まれていますが、

干し芋を作る段階でさつまいもを蒸したときに、熱に弱いビタミンCは少なくなってしまうのです。

 

 

その他の栄養はさつまいもと同程度含まれていますので、

比較的多くの栄養が摂れると言えるでしょう。

 

 

 

干し芋の食べ過ぎには注意!

 

 

 

 

干し芋には食物繊維が豊富に含まれています。

 

 

 

食物繊維には不溶性食物繊維、水溶性食物繊維とありますが、

干し芋に多く含まれているのは不溶性食物繊維です。

 

 

不溶性の食物繊維は腸で水分を吸って膨らんでしまうので、

便が硬くなるうえに量も増えてしまうので、便秘になりやすいのです。

 

 

食べ過ぎなければ便秘になることもありませんが、一袋すべて食べてしまったり、毎日大量に食べてしまうと、

便秘になる可能性がありますので、くれぐれも食べ過ぎには注意してください。

 

 

 

ただ、適量を食べる分には腸を刺激して便の排出を促すので、

干し芋を食べるのであれば一切れを目安に食べるといいでしょう。

 

 

 

その他、干し芋はカロリーが高いです。

 

 

100グラム当たりのカロリーが303キロカロリー、ご飯一杯半分に相当しますので

食べ過ぎてしまうと太ってしまう可能性があります。

 

 

ですので、毎日食べるのは避けたほうがいいかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

干し芋の作り方

 

 

 

 

 

干し芋って値段が高いんですよね・・・

 

 

一袋で400円ほどするので、

我が家では干し芋を自分で作っています。

 

 

作り方はいたってシンプルで、

まずはさつまいもを洗いたっぷりのお湯でゆでます(必ず水から茹でてください)

 

 

竹串が通るほどまで柔らかく煮たら、ざるに上げ、皮を剥きます。

 

 

皮を剥き終わったら、薄く切り、天日干しにします。

 

 

干すときは重ならないように干すようにしましょう。

 

 

 

半日したらひっくり返し、

3日ほど干したら出来上がりです。

 

 

完成後は冷蔵庫に保存しましょう。

 

 

水分をしっかり抜かないとカビが生えてしまうことがあるので、

しっかり天日干しするのがポイントです。

 

 

これなら大量に干し芋を作れますし、

冷蔵庫にストックしておけば好きな時に食べれるのでおすすめですよ。

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

干し芋は非常においしいですが、

食べ過ぎてしまうと便秘になってしまったり、太ってしまうことがあるので注意しましょう。

 

 

 

干し芋は自分で作っても別格においしいので、

興味のある方はぜひ挑戦してみてください!

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

食べ物   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: