パセリの栄養は加熱しても大丈夫?妊婦にもおすすめの理由は?

リレの生活知恵袋

パセリの栄養は加熱しても大丈夫?妊婦にもおすすめの理由は?

読了までの目安時間:約 6分

 

paseri

 

パセリといえば食事の付け合せとして料理に出されることが多く、

実際にはそれほど口にすることはありませんよね。

 

 

 

しかしパセリには豊富な栄養が含まれており、

特にビタミンCは数ある野菜の中でもトップクラス量を含んでいます。

 

 

こんなに栄養に富んでいるパセリを食べないというのはかなりもったいないないので、

付け合せのパセリでもなるべく食べたいようにしたいところです。

 

 

その他、天ぷらなどにしても非常においしいのでお勧めですよ。

 

 

しかし、加熱してしまうと「栄養が壊れてしまうのでは?」と考えている方が多いと思いますので、

加熱してしまうと栄養が壊れるのか?そして妊婦にもオススメと言われている理由をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

パセリの栄養

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

パセリは栄養を豊富に含んでいます。

 

 

冒頭でも記述しましたが、ビタミンCや鉄分の含有量は数ある野菜の中でも、トップクラス。

 

ビタミンCは活性酸素から細胞を守りますので、肌の老化を防ぐ役割がある上に、

シミやしわ予防、毛穴を目立たなくする、肌に潤いやハリを与えるなど

美容に気を使う女性にとっては欠かせない栄養素です。

 

 

 

その他、鉄分の含有量も数ある野菜の中でもトップクラス。

 

 

 

鉄分は貧血予防に効果的なので、貧血の方は積極的に摂取しましょう

 

カロチンに関してもニンジンとトップ争うだけの量を含んでおり、

カルシウム、ビタミンB群、ビタミンK、葉酸、カリウム、ミネラルなどの栄養も豊富に含んでいます。

 

 

これだけ栄養に富んでいる野菜は数少ないでしょう。

 

付け合せで終わらせるのは非常に勿体ないので、積極的に食べることをおすすめします。

 

 

 

 

 

パセリの栄養は加熱しても大丈夫?

 

 

 

パセリは生で食べるのが一番ですが、その臭みから抵抗がある方が多いはず。

 

 

 

天ぷらやおひたしなど加熱して調理するのが一般的な食べ方ですが、

「栄養は損なわれないの?」と心配になりますよね。

 

 

 

結論から言うと、熱に弱いビタミンCは加熱することで壊れてしまいますが、

その他の栄養素は損なわれることはありません。

 

 

全ての栄養を効率よく摂取したいのであれば、生で食べることがいいですが、

「生はちょっと」と考えている方であれば、加熱して食べてもビタミンCが失われるだけでその他の栄養素は摂取できますので、加熱して食べてもいいでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

妊婦が食べてもいいの?

 

 

 

 

 

ヨーロッパではイタリアンパセリは流産を引き起こす可能性があるため、食べないそうです。

 

 

実際パセリには子宮を収縮させてしまう可能性があるようなので、

食べすぎには注意したいところです。

 

 

とはいっても、妊婦にいいとされている葉酸を豊富に含んでいますので、

食べ過ぎはよくないですが、毎日少量であれば問題ないでしょう。

 

妊娠中に食べたほうがよい食品の中にもパセリが記載されていますので、そこまで神経質になる必要はありません。

 

 

僕の妻も妊娠中はパセリを食べていましたが、何の問題もなく元気なおんなの子を出産しました。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

 

パセリは鉄分やカリウム、カルシウム、ビタミンCなどを多く含んでいるので、

健康にいい食材といえるでしょう。

 

妊婦によいとされている、鉄分や葉酸も多く含んでいますので、積極的に食べてもらいたい食材でもありますが、

あまり食べ過ぎてしまうとよろしくないので、そこだけ注意しましょう。

 

 

生で食べるのが苦手な方は、

天ぷらにして食べるとおいしいですよ。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

食べ物   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: