バナナを食べ過ぎとどうなる?幼児・赤ちゃんは何個まで大丈夫なの?

リレの生活知恵袋

バナナを食べ過ぎとどうなる?幼児・赤ちゃんは一日何個まで大丈夫なの?

読了までの目安時間:約 8分

 

E38390E3838AE3838A1

 

バナナは子供から大人まで大好きな果物ですよね。

 

 

手軽に食べられますし、

カロリーや栄養面でも優れているので、赤ちゃんの離乳食としてもよく食べられます。

 

 

その他、スポーツの合間に栄養補給としても食べられ、

今や日本の食卓に欠かすことのできないフルーツですよね。

 

 

ただ、その手軽さ、美味しさゆえに食べ過ぎてしまうことも少なくありません。

 

 

今回はバナナを食べ過ぎてしまう体にどんな影響を与えるのか、

赤ちゃん、幼児は一日何個まで食べてもいいのか解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

バナナの栄養

 


 

 

 

a1130_000116

 

 

 

食べ過ぎによる体への影響を解説する前に、バナナの栄養を見ていきましょう。

 

 

 

バナナには以下の栄養が含まれています(100gあたり)

 

 

 

・たんぱく質 1.1g

 

・マグネシウム 32mg

 

・ナイアシン 0.7mg

 

・葉酸 26μg

 

・食物繊維 1.1g

 

・ビタミンC 16mg

 

・カリウム 360mg

 

・ビタミンB6 0.36mg

 

・ビタミンE 0.5mg

 

 

 

このようにバナナには栄養が豊富にバランスよく含まれています。

 

 

特に多く含まれているのがビタミンB6。

 

 

 

ビタミンB6は水溶性のビタミンで、

食品に含まれているたんぱく質からエネルギーを産生し、

筋肉や血液が作られる時にも働いています。

 

カツオやマグロなどの魚に多く含まれていますが、

バナナにも比較的多く含まれています。

 

 

体を動かすアスリートの方には、エネルギー補給の他、

ビタミンB6を効率よく摂取できるお勧めの食材です。

 

 

 

 

 

食べ過ぎるとどうなる?

 

a0008_002141

 

 

家にあるとついつい食べてしまうバナナですが、幼児が食べ過ぎてしまうとどのような影響があるのでしょうか?

 

 

 

 

まず、バナナにはシュウ酸が多く含まれています。

 

 

シュウ酸はほうれん草などに多く含まれているアクですが、

摂りすぎてしまうとことで、尿路結石の原因となることがあります。

 

 

 

尿路結石は七転八倒するほどの痛みを伴う病気で、腎臓にできてしまった石はほとんど痛みを伴いませんが、

その結石が細い尿管に入った途端、耐え難い激痛を味わうことになります。

 

 

 

その痛みは例えようのないほどの激痛で、

あまりの痛みに救急車を呼んでしまうケースも少なくありません。

 

 

バナナを食べ過ぎるということは、シュウ酸を多く摂取するということになるので、

当然尿路結石のリスクが高くなると言えるでしょう。

 

 

 

その他、バナナにはカリウムが多く含まれていますので、

腎臓が悪い方は食べ過ぎることにより高カリウム血症になってしまう可能性があります。

 

 

腎臓が正常な方であれば、

尿として体外に排出されますが、腎臓が悪い方はカリウムが体内に溜まっていき、

結果として高カリウム血症になってしまうのです。

 

 

繰り返しますが、

腎臓が悪い方がカリウムの摂り過ぎが危険なだけで、正常な方は積極的に摂取してください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

幼児・赤ちゃんは何個まで大丈夫?

 

 

 

 

バナナが好きな赤ちゃんや、幼児は一日に何本も食べてしまうことがあります。

 

 

バナナだけに限らず、どんな食べ物でも食べ過ぎはよくありません。

 

 

もちろん、バナナも例外ではなく、

腸が未発達な子供は食べ過ぎることで腹痛を引き起こしてしまう可能性があります。

 

 

ですので、一日に1,2本程度にしておきましょう。

 

 

ただ、バナナ自体には栄養も豊富に含まれていますし、

甘味もありますので、お子さんのおやつとして出すのもおすすめですよ。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

美味しいバナナなのでついつい食べ過ぎてしまいますが、

尿路結石などの病気の原因となりうるので、食べ過ぎには注意しましょう。

 

 

また、幼児がバナナを食べ過ぎてしまうと、お腹を冷やしてしまい、下痢や腹痛の引き起こす可能性がありますので、

一日1,2本程度にしましょう。

 

とはいっても、バナナには様々な栄養がバランスよく含まれていますので、

体にいいことは確かです。

 

 

 

なので、食べ過ぎには注意し、適量を食べるようにしましょう。

 

ミニトマトの食べ過ぎには注意が必要?腹痛や病気の原因となることも! 

 

スポンサーリンク

 

食べ物   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: