セロリは加熱すると栄養が逃げてしまうの?妊婦にいいってホント?

リレの生活知恵袋

セロリは加熱すると栄養が逃げてしまうの?妊婦にいいってホント?

読了までの目安時間:約 6分

 

pr00699

 

セロリはその独特の味で「ちょっと苦手」という方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、セロリには豊富な栄養が含まれており、

食生活が偏っている方にはおすすめの食材でもあります。

 

生で食べると独特な味がしますが、

加熱することにより独特な味はなくなるので食べやすくなりますよ。

 

 

今回はセロリの栄養と妊婦にいい食べ物なのかを解説していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

セロリの栄養


 

 

 

 

 

セロリには様々な栄養が含まれていますが、

注目すべき栄養はカリウムです。

 

 

セロリ100グラムあたりに410mgものカリウムが含まれており、

数ある野菜の中でも豊富に含まれている栄養です。

 

カリウムは体内にたまった塩分を排出する働きがあり、

高血圧やむくみ、動脈硬化予防にとてもいい食べ物なのです。

 

 

その他、免疫力や抗酸化作用があるビタミンA食物繊維も豊富に含まれていますので、便秘の改善などに効果的です。

 

 

セロリの独特の匂いは、アピインと言われる成分によるもので、

このアピインにはイライラを沈める役割があるほか、頭痛による頭の痛みなどを沈める役割もあるのです。

 

 

ですので、ちょっと気分がよくない時や、頭痛がひどい時などにセロリを食べると、

これらの症状が改善することがあります。

 

 

 

セロリは加熱すると栄養分が逃げてしまうの?

 

 

 

 

セロリを生で食べると独特の臭みがありますので、

セロリを食べる時は加熱したりして調理してから食べる方が多いと思います。

 

 

しかし「加熱すると栄養成分が壊れしまうのでは」と心配している方も多いのではないでしょうか?

 

 

セロリに微量に含まれているビタミンCは熱に弱いので、

加熱することで壊れてしまいますが、カリウムやアピインなどといった成分は加熱しても壊れないので、栄養分を気にせず調理しましょう。

 

 

セロリの栄養分は細胞の中にあるので、生で食べる場合にはよく噛まなければ栄養分を効率よく取れませんが、

加熱することにより細胞が壊れ、栄養分を効率よく摂取できますので、そういった意味では加熱して食べたほうがいいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

妊婦にいいってホント

 

 

 

 

 

セロリには葉酸が多く含まれているので妊婦にいいと聞いたことがありますが、

実際セロリには葉酸がそれほど含まれていません。

 

葉酸が多く含まれている野菜は、

アスパラやパセリ、枝、モロヘイヤなどです。

 

さらに妊婦は貧血になりやすいため鉄分を多くとったほうがいいと言われていますが、

セロリには鉄分もそれほど含まれていないので、妊婦の方はセロリを食べる理由はそれほどありません。

 

 

 

葉酸、鉄分を効率よく摂りたいのであれば、

枝豆やパセリ、小松菜などを食べたほうがいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

セロリにはアピインという成分が含まれており、

イライラした気持ちを静める役割があります。

 

その他、カリウム、ビタミン群B群、カロテン、ミネラルなどさまざまな栄養が含まれています。

 

 

生で食べるのが苦手という方は、スープにしたりすると食べやすくなりますよ。

加熱しても栄養は損なわれませんのでご安心を。

 

 

妊婦の方が食べてもそれほどの効能はありませんので無理して食べる必要もありませんし、

食べたからといって、胎児に悪いということはないので、食べたいときにだけ食べればいいでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

食べ物   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: