キンカンの栄養や効能は?食べ過ぎには注意が必要?

リレの生活知恵袋

キンカンの栄養や効能は?食べ過ぎには注意が必要?

読了までの目安時間:約 5分

 

pr00616

 

キンカンには栄養が多く含まれており、

さまざまな効能があります。

 

食べ方としては皮ごと食べるのが一般的ですが、

独特の苦みがありますので、苦手な方は煮つけて食べるのもおすすめですよ。

 

 

 

キンカンを甘く煮たものは、おやつとして出してもいいですし、お茶うけもいいのです。

おやつとして栄養満点のキンカンを子供にあげれば、

栄養補給にもなりますし、お子さんの成長の手助けとなることでしょう。

 

 

キンカンは11月ごろから収穫が始まり、旬は1月~3月で、

キンカンを購入するときは傷のない、オレンジが深い色のものを選ぶようにしましょう。

 

 

今回は栄養満点キンカンの効能について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

キンカンの効能

 


 

 

 

 

 

 

キンカンは栄養に優れています。

 

 

 

特に皮の部分には、ビタミンCやカルシウムが豊富に含まれており、

ビタミンCは肌の健康を保つのに必要な栄養素なので、女性の方には嬉しい効能ですよね。

 

ただ、ビタミンCは加熱することによりその栄養素が失われてしまいますので、

栄養を損なわずに食べたい方は生のまま食べるのがいいでしょう。

 

 

 

カルシウムは人間の人体に最も多く含まれるミネラルで、

骨や歯の形成にには欠かせない栄養素なので、育ち盛りのお子さんにおやつとして出すのもおすすめですよ。

 

 

さらにキンカン含まれるビタミンAは粘膜を強くする効能がありますので、

風邪をひいてしまい粘膜が荒れてしまったときにはもちろん、

粘膜を強くする働きがあるので、風邪の予防にも最適な食べ物と言えるでしょう。

 

 

 

その他、皮に含まれるヘスぺリジンには

血中コレステロールの改善、抗アレルギー作用、発がん抑制作用、

などの効能が認められています。

 

 

普通の柑橘類にもヘスぺリジンは含まれていますが、

皮ごと食べるのはキンカンくらいなので、皮に含まれている栄養をを効率よく摂取できるのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

食べ過ぎには注意が必要

 

 

 

 

キンカンは栄養満点で、体に悪い成分は入っていないので、たくさん食べても問題ありません。

 

 

ただ、人によっては唇がピリピリしたりすることがあるようなので、

口の中に違和感を感じたら食べるのを控えたほうがいいです。

 

 

その他、キンカンには風邪に効く栄養が含まれていますが、

風邪のときは胃腸が弱っているのであまり食べ過ぎてしまうと、おなかを下してしまっつたり、嘔吐してしまうことがあるので、

食べ過ぎには注意したいところです。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

 

キンカンは皮ごと食ベることができるので栄養をより多く摂ることができます。

 

 

 

またカルシウムなどの栄養が多く含まれているので、

育ちざかりのお子さんには是非食べていただきたい食材です。

 

おやつで出してもいいですし、甘く煮て食べてもいいでしょう。

 

 

皮も食べるので独特の苦みがありますが、栄養が豊富に含まれているので、スーパーで見かけたらぜひ購入してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

スポンサーリンク

 

食べ物   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: