ほうれん草の栄養を逃さない調理法とは?妊婦にもおすすめな理由は?

リレの生活知恵袋

ほうれん草の栄養を逃さない調理法とは?妊婦にもおすすめな理由は?

読了までの目安時間:約 7分

 

pr00390

 

ほうれん草には様々な栄養が含まれています。

 

緑黄色野菜の王様とも言われているほどその栄養価は高く、

特に鉄分、ビタミンといった栄養が豊富に含まれており、妊婦の方にもお勧めの食材です。

 

 

 

バター炒めやおひたし、シチューなど様々な料理にも使用され、

日本の食卓のに欠かせない野菜ですよね。

 

 

しかし、調理する際に茹でてしまうと栄養成分が逃げてしまうので、

栄養を逃さない調理を行う必要があります。

 

 

そこで今回は、ほうれん草の栄養を逃さない調理法と、妊婦におすすめな理由を紹介していきますので是非参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

 

ほうれん草の栄養

 


 

 

 

 

 

まずはほうれん草の栄養を見ていきましょう。

 

 

 

 

 

注目すべき栄養は

 

 

・ビタミンA

 

・葉酸

 

・鉄分

 

・ビタミンC

 

・ビタミンE

 

・カルシウム

 

 

 

です。

 

 

ほうれん草にはこれらの栄養が豊富に含まれています。

 

 

ビタミンCは肌の健康を保つのに必要な栄養成分で、

生活習慣病の予防にも効果的です。

 

鉄と一緒に摂取することで吸収率が上がります。

 

その他、ビタミン類、葉酸、カルシウムを多く含んでいるので、

栄養が不足している方にはおすすめの野菜なのです。

 

 

 

茹でると栄養が逃げる?

 

 

 

ほうれん草に含まれるビタミンCは熱に弱いので、加熱することで栄養成分が失われてしまいます。

 

 

その他、鉄分などは加熱することでお湯に溶けだしてしまい、

栄養成分が失われやすいです

 

 

ほうれん草の栄養を効率よく摂るには、

生でいただくのが一番ですが、ほうれん草にはシュウ酸という成分が含まれており、これがアクの原因となっています。

 

シュウ酸は体内で唾液中のカルシウムと混ざり、シュウ酸カルシウムになり、

尿管結石の原因となってしまうのです。

 

 

そのため、茹でることでアク抜く抜きを行い、

シュウ酸を取り除くという作業を行うのです。

 

 

しかし、茹でてしまうと栄養成分が水に溶けだしてしまうので、

できる限り茹でる時間を短縮しましょう。

 

元々生で食べられる野菜なので、さっと茹でる程度で大丈夫です。

 

 

 

茹でる時間に比例して、栄養成分も失われてしまうので、

なるべく短時間で茹でるようにしましょう。

 

炒めたり、レンジで温めて調理する方法もありますが、

加熱することでビタミンが失われてしまう上に、アクが取れないので加熱して調理するのであれば、軽く茹でて食べるのがおすすめですよ。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ほうれん草は妊婦にいいの?

 

 

 

 

ほうれん草には妊婦に必要と言われている、葉酸や鉄分が豊富にふくまれています。

 

 

葉酸は胎児の神経管閉鎖障害に対してのリスク低減が期待できる栄養素であることが

わかっているため、積極的な摂取が薦められています。
その他、妊婦の方は貧血になりやすいと言われているので、
積極的に鉄分を摂取するように指導されますよね。
ほうれん草には葉酸や鉄分などといった妊婦に必須の栄養が豊富に含まれていますので、妊娠中は積極的に摂取しましょう。
まとめ

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

ほうれん草は生で食べるのが一番ですが、

同時にアクの原因となるシュウ酸も一緒に摂取してしまいます。

 

たまに生で食べる程度であれば問題ないと思いますが、頻繁に食べるのは尿管結石の原因となるので注意しましょう。

 

 

 

栄養をなるべく逃さないように調理するには、

熱湯でさっと茹で、冷水にさらすのがポイントです。

 

 

ほうれん草は栄養価が高い野菜です。

ですので、できる限りその栄養を損なうことなく、効率よく摂取したいですよね。

 

 

スポンサーリンク

 

食べ物   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: