にんにくの食べ過ぎで口が臭い!翌日までに確実に消す方法はこれ!

リレの生活知恵袋

にんにくの食べ過ぎで口が臭い!翌日までに確実に消す方法はこれ!

読了までの目安時間:約 10分

 

a0002_005497

 

にんにくといえば栄養満点で餃子などには欠かせない食べ物ですよね。

 

 

滋養強壮にもいいとされ、

 

風邪ひいた時や体調が思わしくない時などに食べると元気がでます。

 

 

少し焼いたものや、油で揚げたにんにくは非常においしく、

気が付いた時には食べ過ぎてしまい、口が臭くなってしまった方も多いかと思います。

 

 

特にデート前などににんにくを食べ過ぎてしまった日には・・・

顔が青ざめてしまいますよね。

 

 

そんな方の為に、

にんにくを食べ過ぎても翌日までに臭いを消す方法を紹介していきますので是非参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

にんにくの臭いの原因とは

 


 

 

 

 

a1180_006545

 

 

にんにくの臭いを消す方法を紹介する前に、なぜ口が臭くなってしまうのか?その原因を見ていきましょう。

 

 

 

にんにくにはアリシンという健康に良い成分が含まれています。

 

 

 

この臭いがにんにくの独特の匂いを放っているのです。

 

 

 

このアリシンという成分は、

ニンニクに含まれているアリインと酵素が混ざり合うことにより発生します。

 

そして、アリシンという臭い成分は、

にんにくが傷つけば傷つくほど発生しますので、すりおろしたりすると臭いがきつくなるのはこれらの理由があるためです。

 

 

なので、すりおろして食べるよりも、丸ごと食べる方が臭いを抑えることができますよ。

 

 

 

 

なぜ臭いが続くのか?

 

a0002_010115

 

 

にんにくを食べ過ぎてしまうと翌日まで臭いが続くことがあります。

 

 

これは、におい成分のアリシンが体内の血液にまで入り込んでしまい、

全身にその臭いが広がってしまうからです。

 

 

 

そして、臭いが消えるまでに16時間もかかるというデーターがあるほどです。

 

 

 

 

全身を駆け巡り最終的には毛穴や口臭として体外に排出されるので、

それを考えると16時間という数字も納得できますよね。

 

 

 

しかも、体内にアリシンが入りこむと、化学変化を起こしてしまいさらに臭いがきつくなるのです。

 

 

 

 

 

臭いを消す方法

 

 

 

 

では臭いを消す方法を紹介していきます。

 

 

 

 

 

・牛乳を飲む

 

 

にんにくの臭いの元になるアリシンですが、たんぱく質と結びつきやすい性質がある上に、

アリシンを包み込むように結びつくので、

臭いを抑えることができるのです。

 

にんにくを食べる前に牛乳を飲むのが効果的で、

さらにたんぱく質を多く含む牛乳を飲むことでその効果が実感できるはずです。

 

 

 

緑茶を飲む

 

 

 

意外かもしれませんが緑茶を飲むのも臭いを消す効果があるのです。

 

緑茶の成分がアリシンと結合し、

臭いを消してくれるのです。

 

 

お酒のおつまみとして食べる場合は、緑茶の酎ハイと共ににんにくを食べることで臭いを和らげることができますよ。

 

 

・チーズと一緒に食べる

 

 

 

先ほども記述しましたが、

たんぱく質はアリシンと結合して臭いを消してくれる働きがあります。

 

 

にんにくをチーズと一緒に食べることで臭いを防ぐことができますが、

にんにくとチーズ・・・合わなそうですね。

 

 

・リンゴを食べる

 

 

 

リンゴに含まれるポリフェノール“アップルフェノン”とカテキンの効果で、

にんにくの臭いが抑制出来ます

 

 

実よりも皮の方に栄養が多く含まれているので、

皮ごと食べるのが効果的ですよ。

 

 

できる限り多く食べるのがいいですが、

目安としては4分の1程度食べればいいでしょう。

 

 

リンゴジュースもいいですが、

生のリンゴを食べるよりも効果は薄いようです。

 

 

にんにくを食べてから一時間以内に食べるのが効果的と言われているので、

できる限り早い時間に食べるようにしたいところです。

 

 

 

・ガムを食べる

 

 

 

これは対処療法です。

 

 

 

にんにくを食べ過ぎて口が臭くなってしまったら、

ガムを食べて臭いを紛らわすのもいいでしょう。

 

 

これは臭いを根本的になくすのではなく、

ガムの臭いによって口臭をの臭いを少しでもなくそうという根端です。

 

 

 

にんにくを食べた翌日に用事がある場合は、ガムを噛み臭いをごまかすのもいいと思います。

 

 

・サウナに入る

 

 

 

にんにくを食べ過ぎてしまい、

体中から臭いが漂ってしまう場合は、とにかく汗をかき臭い成分を体外に排出するしかありません。

 

 

 

サウナに入ることで、汗を大量に出し、

臭い成分を出そうという根端なので、サウナに入らなくとも、

運動を行い汗をかくことも臭い成分を排出してくれるので、どちらのやり方でもいいでしょう。

 

 

汗をかいた後はしっかり水分を摂取しましょう。

 

 

 

 

にんにくを食べ過ぎると下痢をしてしまうことも

 

 

 

 

にんにくを食べ過ぎてしまうと、お腹が緩んでしまい下痢などの症状を起こしてしまうこともあります。

 

 

適量であれば、

腸内の悪玉菌を減らしてくれる働きがありますが、食べ過ぎてしまうと腸内の善玉菌まで減らしてしまします。

 

 

 

 

ですので、一日に1欠を目安に、

加熱したニンニクであれば1片を目安に食べるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

にんにくを食べ過ぎてしまうと、口が臭くなってしまうのは周知の事実です。

 

 

 

 

 

一番は食べ過ぎないことですが、

気が付かない大量に摂取してしまっていることも少なくありません。

 

ですので、食べ過ぎてしまった場合は、

ここで紹介した方法を試してみてください。

 

 

 

翌日には臭いが消えていることでしょう。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

食べ物   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: