秋分の日にお墓参りはしたほうがいいの?由来や食べ物は?

リレの生活知恵袋

秋分の日にお墓参りはしたほうがいいの?由来や食べ物は?

読了までの目安時間:約 5分

 

flower_ohigan_obon_kiku

 

 

四季がはっきりしている日本では「暑さ寒さも彼岸まで」なんて言いますよね。

 

冬の寒さも春の彼岸を境目に暖かさを感じるようになり、

秋の彼岸では夏の暑さが和らぎやがて秋を感じるようになります。

 

 

なにかと秋を感じることが多くなる秋分の日ですが、

お墓参りをした方がいいのでしょうか?

 

 

また、食べ物はどうしたらいいのでしょう?

 

 

気になったので調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

秋分の日の由来は?

 

 

 

秋分の日は国民の祝日の一つです。

 

 

1948年に制定され、「祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ」ことを趣旨としているようです。

 

 

秋分の日は毎年9月23日とされていますが、

国立天文台が作成する『暦象年表』という小冊子に基づいて閣議で決定され、

前年2月第1平日付の官報で発表されるので、秋分の日が多少前後することがありますが、概ね23日となっています。

 

 

 

お墓参りはしたほうがいいの?

 

 

秋分の日にお墓参りに行った方がいいのでしょうか?

 

 

答えはイエス!

 

 

秋分の日は先祖を敬い、亡くなった方をしのぶ日なのでお墓参りには行った方がいいでしょう。

 

 

ただ、お墓参りには秋分の日に行かなければいけないということはなく、

秋分の日前後3日のお彼岸の間に行けば問題ありません。

 

 

 

 

食べ物は何を食べればいいの?

 

harunoohigan-1

 

秋分の日にはおはぎを食べます

 

 

正確には仏壇などにお供えするのですが

なぜ秋分の日におはぎを食べるのでしょうか?

 

 

その理由は江戸時代にまでさかのぼります

 

 

江戸時代は砂糖が超が付くほど高級品で一般の方はなかなか口にすることのできない調味料でした。

 

 

そんな高級な砂糖を使用して作ったおはぎも当時は貴重な食べ物で、

大切な日に食べられるとても高級な食べ物。

 

 

あんこの原料となる小豆に関しても魔除けの効果があると信じられており、

邪気を払う食べ物として先祖様の供養に使われていたようです。

 

 

これらの理由からお彼岸におはぎが食べられるようになったのですね。

 

 

ちなみにおはぎを食べるタイミングはお彼岸の中日にあたる秋分の日がいいのですが、

無理に秋分の日に食べなくとも、

お仏壇などにお供えして、御先祖様にゆっくり食べて頂きそれからご自分のタイミングで食べてもいいと思います。

 

 

 

大事なのはご先祖様を敬う気持ちなので、

しっかりお供えした後にいただくようにしましょう。

 

 

まとめ

 

 

秋分の日にお墓参りに行った方がいいのか?そして食べ物は何を食べるのか解説してきました。

 

 

 

秋分の日と前後3日はお彼岸なので、お墓参りをした方がいいでしょう。

 

ただ、慌てていかなくとも七日あるお彼岸ですから、

都合のいい日に行けば問題ありません。

 

 

食べ物に関してはおはぎを作りお仏壇にお供えしてから食べるようにしましょう。

 

 

秋分の日は先祖を敬い、なくなった人をしのぶ日なので、

先祖のことを思いながら過ごすのもいいですよね。

 

 

スポンサーリンク

 

行事   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: