男の子の初節句は子供の日!どんな食べ物で祝えばいいの?

リレの生活知恵袋

男の子の初節句は子供の日!どんな料理でお祝いすればいいの?

読了までの目安時間:約 6分

 

a0150_000129

 

子供が生まれて初めて迎える節句を初節句といいますが、

 

女の子は3月3日の「桃の節句」、

男の子は5月5日の「端午の節句」にお祝いをするのがしきたりとなっています。

 

 

初めて迎える節句ですから、何から始めていいのか?どんな食べ物を食べればいいのか?

わからないことは尽きないと思います。

 

子供の祝い事ですから、 きちんとした食べ物や料理で祝ってあげたいですよね。

 

 

というわけで今回は、男の子の初節句の食べ物を紹介していきますので是非参考にしてください。

スポンサーリンク

端午の節句の由来とは?

 


 

 

 

食べ物を紹介する前に、5月5日が端午の節句と言われている由来を紹介していきます。

 

 

 

端午の節句の起源は奈良時代と言われており、当時は厄病を追い払い行事として知られていたようですが、

次第に菖蒲の葉でお互いをたたき合う遊びに変わり、

鎌倉時代に庶民にも端午の節句を祝うようになったそうです。

 

 

もとは月の端〔はじめ〕の午〔うま〕の日という意味で、5月に限ったものではありませんでしたが、

午〔ご〕と五〔ご〕の音が同じなので、毎月5日を指すようになり、やがて5月5日に端午の節句として、男の子を祝うようになったのです。

 

 

 

江戸以降は男の子の節句とされ、 身を守る兜や鎧、鯉のぼりなどを飾る習慣ができたのです。

 

 

どんな食べ物を食べるの?

a1600_000169

 

 

 

男の子の初節句ではちまきを食べるのが一般的で、

2年目以降は新しい芽がでるまで葉っぱが落ちないことから「子孫を絶やさない」という意味で柏餅が食べられます。

 

 

 

その他

 

 

ブリ・・・成長するにつれて名前が変わる出世魚

 

鯛・・・祝いの席では定番。めでたいという意味で。

 

たけのこ・・・まっすぐ健やかに成長するように。

 

赤飯・ちらし寿司・・・お祝い事の定番。ちらしずしにエビや豆などの縁起物を乗せてもいいでしょう。

 

かつお・・・勝男にちなんで。

 

が初節句のお祝いとして食べられることが多いです。

 

 

 

 

全ての料理を用意するのは大変なので、 この中からいくつかに絞って用意するのもいいでしょう。

 

初節句の祝い方

 

 

 

 

 

 

準備としては、兜や鎧を部屋に飾ります。

 

 

飾る期間としては4月中旬から遅くとも4月29日までには飾っておき、

5月中旬にはしまうようにしましょう。

 

 

 

そして初節句の祝い方ですが、「こうしなければいけない」という決まりは特にありませんので、

上述した食べ物を用意し叔父叔母を招き、家で食卓を囲む程度でいいでしょう。

 

 

少しかしこまった雰囲気で祝いたいという方は、

料亭などで行ってもいいと思います

 

その他、子供の祝い用にケーキなど甘いものを用意しておいてもいいと思いますよ。

 

子供の祝い事なので、 叔父叔母を招いてみんなで楽しむようにやるのがいいでしょう。

 

 

 

 

 

まとめ

 

最近はネットやスーパーなどでも御祝い膳を販売していますので、

それらを利用してもいいでしょう。

 

 

とはいっても折角のお祝い事なので、 作れる範囲でいいので、

自分で料理を用意してもいいと思いますよ。

 

 

一生に一度の初節句なので、楽しい1日にしたいですよね。

 

スポンサーリンク

 

行事   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: