首のしこりが痛い!病気の可能性も!何科を受診すればいいの?

リレの生活知恵袋

首のしこりが痛い!病気の可能性も!何科を受診すればいいの?

読了までの目安時間:約 10分

 

a0002_007434

 

首にしこりができることがあります。

 

普段は何もない首に突然しこりができたら、誰でも不安になりますよね。

 

 

 

原因は様々ですが、

稀に重大な病気の可能性がありますので、気が付いたら早めに病院に行き受診したほうがいいでしょう。

 

 

今回は首のしこりが痛い原因と、考えられる病気、何科を受診すればいいのか詳しく解説していきますので、

ぜひ参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

首のしこりの原因とは?

 


 

 

 

首の しこりの原因は以下のものが考えられます。

 

 

・リンパ節炎

 

・悪性リンパ腫

 

・脂肪腫

 

・甲状腺腫瘍

 

 

それぞれ解説していきます。

 

 

 

 

リンパ節炎

 

体内にはリンパが流れており

ところどころにリンパ節と呼ばれる、細菌やウィルスを処理する場所が存在します。

 

 

リンパ節は頸部やわきの下、耳の裏、足の付け根などに多く存在し

ケガをしたり体内にウイルスが入り込むと、

リンパ管にあるリンパ節が細菌を処理するために腫れて、皮膚の上からしこりとして触れることがあるのです。

 

 

 

リンパが腫れ、首にしこりのような瘤ができると

高熱が出たりすることもあるので、病院に行き抗生物質を処方してもらい治療することがほとんどですが、

治らないようであればリンパ節を切除することもあります。

 

 

 

リンパ節炎の症状は様々ですが、

頸部、腋窩、鼠径部にあるリンパ節が炎症を起こすことがほとんどで、

腫れやしこり、患部を押すと痛みを伴うなどの症状が見られます。

 

 

急性リンパ節炎の症状が出たら、

内科で受診しましょう。

 

 

 

 

 

 

悪性リンパ腫

 

 

悪性リンパ腫は血液のがんとも言われており、

これといった症状もないので、気が付いた時には病気が進行していることも少なくありません。

 

 

 

とはいっても全く症状がないというわけではなく

 

 

・発熱

 

・全身の倦怠感

 

・貧血

 

・体重減少

 

・首のしこり(弾力のあるような腫れ)

 

 

などの症状が現れます。

 

 

これらの症状を見る限り風邪の症状と変わらないので「ただの風邪だろう」病院に行かずに放置してしまう方もいるようですが、悪性リンパ腫は症状を放置してしまうと全身に転移してしまうこともあるので、

少しでも早く医師の診断を受けるべきです。

 

 

 

リンパ節が腫れてしまいなかなか治癒しない、

もしくはしこりが急激に大きくなる場合は、悪性リンパ腫の可能性もありますので

早めに医師に相談しましょう。

 

また、悪性リンパ腫は単なるリンパの腫れとは違い、

痛みを伴わないことがほとんどです。

 

 

 

何科を受診すればいいのか悩む方も多いと思いますが、

基本的には内科で構いません。

 

悪性リンパ腫と診断されたら大きな病院の血液内科などで治療を行います。

 

 

 

甲状腺腫瘍

 

 

 

 

甲状腺腫瘍も首にしこりができます。

 

 

ただ、首にしこりができたからいってすべてが甲状腺腫瘍というわけではなく、

様々な検査を行い総合的に判断します。

 

 

良性のものであればほとんど自覚症状がなく、

健康診断などでたまたま発見されるケースが多いようですが、悪性のものとなると発熱や倦怠感、甲状腺の腫れが見られるようです。

 

 

 

治療法としては良性のものであれば特に治療せず年に一回程度定期診断を受けます。

 

 

悪性のものであれば手術が基本で、

甲状腺の周りにあるリンパ節を切除したりします。

 

 

何科に行けば迷ったときは内科にいけば問題ありません。

 

 

 

 

脂肪腫

 

 

 

脂肪腫はいわゆる脂肪の塊です。

 

 

 

症状としては首をはじめ体の至る部分にしこりのようなふくらみができ、

痛みはほとんどありません。

 

 

大きさも様々で直径が1センチ程度のしこりから、大きいもので10センチ程度にもなります。

 

 

 

 

治療法としては、

手術が一般的ですが、良性の腫瘍なので手術を急ぐ必要はありません。

 

ただ、日に日に大きくなることもありますので、

過度に大きくなった場合や、痛みを伴う場合は早めに取り除いてしまった方がいいでしょう。

 

 

 

脂肪腫の場合は形成外科で診断してもらうのがいいです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

何科で受診すればいいの?

 

 

 

 

 

首のしこりは何科で受診するのでしょうか?

 

 

首のしこりの原因は様々です。

 

 

 

病気によって受診する科は変わってきますので、

 

まずは自分がどの病気なのか判断するのがいいと思いますが、

医療に関して素人の私たちが判断できるわけがありませんので、首のしこりに気が付いたらまずは内科で受診するのがいいでしょう。

 

 

内科で首を診てもらい、治療できるのであればそのまま内科で治せばいいですし、

治療できないのであれば医師から「○○科へ行ってください」ということを言われますので、医師の指示に従えばいいだけです。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

首にしこりができる原因と何科で受診すればいいのか解説してきました。

 

 

首にしこりができてしまう原因は様々ですが、

稀に重大な病気の兆候としてしこりが現れる可能性がありますので、安易な考えは禁物です。

 

 

 

 

特に悪性の腫瘍であった場合は早期治療が大切になりますので、定期的に首にしこりがないか確認し、

早めに発見することも大切になります。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

病気   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: