足の指が腫れて痛い!しもやけが原因?何科で受診すればいいの?

リレの生活知恵袋

足の指が腫れて痛い!しもやけが原因?何科で受診すればいいの?

読了までの目安時間:約 10分

 

a0002_006569

 

足の指が腫れてしまい痛むことがあります。

 

 

指が腫れるとなると真っ先にしもやけが浮かんでくると思いますが、

実際は病気だったということもあります。

 

 

 

症状が軽い時は見過ごしてしまう方も多く、

痛みが増してきたり、腫れが酷くなることでその症状に初めて気が付くという方も少なくありません。

 

 

 

重大な病気である可能性は低いですが、

放っておくと腫れが酷くなったりして、日常生活にも支障をきたすようになります。

 

 

 

なので、症状に気が付いたら早めに医師の診断を受けましょう。

 

 

ここでは、足の指が腫れて痛む原因と、何科で受診すればいいのか解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

 

足の指が痛む原因とは?

 


 

 

 

 

 

 

足の指が腫れてしまう病気や疾患はいくつか考えられますが、

ここでは強くぶつけた、虫に刺されたなど原因がわかっているものを除き、

突発的に指が腫れて痛む病気を紹介していきます。

 

手の指が腫れて痛い!原因は?何科を受診すればいいの?

 

 

しもやけ

 

a1180_014810

 

 

しもやけは寒暖の差が激しい、冬場に起こりやすい皮膚疾患です。

 

 

 

しもやけの症状として知られるのがむず痒いですが、

そのかゆみは痛みと併発して起こることが多いです。

 

 

痒いから掻こうと思っても痛みが先走るため思うように皮膚を触ることができず、

また何かにぶつけただけでも強い痛みを感じることもあります。

 

 

その他、しもやけの特徴として、皮膚が赤く腫れあがるというものがあります。

 

 

しもやけになると、患部はだんだん赤みを帯び、腫れあがってきて、

さらに症状が酷くなると赤黒いような色に変色し皮膚も腫れあがってしまいます。

 

 

 

ここまで症状が悪化してしまうと、日常生活に支障が出てきてしまう可能性もありますので、

早めに対処する必要があります。

 

 

治療法としては、

 

 

・ビタミンEを摂取する

 

・寝るときに靴下などを履く(通気性のよいもの)

 

・患部を40度ほどのお湯につけ、よくマッサージする

 

・ケロイド治療薬を塗る

 

 

などが挙げられます。

 

 

 

 

これらの治療法を行っても症状が改善しない場合は、皮膚科へ行き医師の診断を受けましょう。

 

 

 

 

 

ひょうそ・爪囲炎

 

 

 

足が腫れて痛む原因で一番多いのがこのひょうそと爪囲炎ではないでしょうか。

 

 

ひょうそは足の指に細菌が感染してしまうことで、

指に膿がたまってしまったり、炎症を起こしてしまう病気です。

 

 

指が荒れている方や、指に傷がある人がかかりやすく、

感染すると赤く腫れあがり、ズキンズキンとした痛みがあります。

 

 

炎症が浅い場合は膿疱ができ、炎症が深くなると関節や骨にまで細菌が達してしまい、

曲げることが困難になることもあります。

 

 

 

その他、爪が皮膚に食い込んでいる場所にできやすく、

感染すると腫れあがり膿が溜まってしまう爪囲炎の可能性もあります。

 

 

 

爪囲炎とひょうそは区別できない場合もあるので、

必ず細菌培養を行い判断します。

 

 

指が腫れて痛む場合のほとんどが、ひょうそか爪囲炎なので、

症状に気が付いたら早めに医師に相談しましょう。

 

 

 

関節リウマチ

 

 

 

稀ではありますが、関節リウマチの可能性もあります。

 

 

関節リウマチは免疫の異常により、関節が腫れたり痛んだりする病気です。

 

 

進行してしまうと、関節を動かすことができず、

日常生活にも支障を及ぼすようになります。

 

 

初期は症状は足の指や手の指などから始まり次第に足首、膝、股関節にまで広がっていきます。

 

 

 

リウマチの初期症状は関節が小さく腫れることにありますが、

この症状と共にだるさや食欲不振、発熱などの症状が併発することがあります。

 

 

ですので、足の指の関節が腫れて同時に発熱やだるさ、食欲不振などの症状が現れた場合は要注意です。

 

 

すぐに医師の診断を受けてください。

 

 

何科で受診すればいいの?

 

 

 

 

まず、しもやけだった場合は皮膚科で受診すれば問題ありません。

 

 

しもやけ程度であれば、医療の関して無知の私たちでも比較的容易に判断できますから、

しもやけだと思ったら皮膚科で受診してください。

 

 

ただ、先ほど上述したように自宅での治療で治癒する場合もありますから、

それを試してからでもいいでしょう。

 

ちなみに僕は自宅で完治させました。

 

 

ひょうそ・爪囲炎の場合も同様に皮膚科で受診すればいいでしょう。

 

 

ただ、ひょうそや爪囲炎だった場合は、

膿を抜いてもらった方がいい場合もあるので、早めに医師に相談したほうがいいかもしれません。

 

 

 

足の指の関節部分が腫れ、

なおかつ体にも発熱やだるさなどの症状が現れた場合はリウマチを疑った方がいいかもしれません。

 

 

リウマチは少しでも早く医師の診断を受け、

症状を遅らせることが大切になってきます。

 

 

リウマチの疑いがある場合は形成外科もしくはリウマチ科で受診しましょう。

 

症状に自信が持てず、何科で受診したらいいのかわからない場合は皮膚科でもかまいません。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

 

 

 

足の指が腫れてしまう原因と何科で受診すべきか解説してきました。

 

 

足の指が腫れて痛む場合の原因はひょうそや爪囲炎であることが多いですが、

稀にリウマチなどの病気の可能性がありますので、安易な考えは禁物です。

 

 

まずは足の症状を確認し、どの部分が腫れているのか、痛みはあるのか、関節は腫れていないか、

足の指意外に異常はないかを確認し、異常が見つかれば早急に医師の診断を受けましょう。

 

スポンサーリンク

 

病気   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: