膀胱炎の症状は?抗生物質は市販で買えるの?

リレの生活知恵袋

膀胱炎の症状は?抗生物質は市販で買えるの?

読了までの目安時間:約 8分

 

haraita_man

 

ある日突然、排尿痛を感じることがあります。

 

排尿は人間にとって必要な機能なので、

痛みを伴うのは苦痛ですよね。

 

 

排尿で痛みを伴う病気はいくつかありますが、

最も身近な病気に膀胱炎があります。

 

 

ひと口に膀胱炎といっても、様々な症状がありますので、

しっかり理解し、適切な治療を行わなければ治癒しません。

 

 

膀胱炎の治療で一般的なのが抗生物質による治療ですが、

「抗生物質は市販で購入できるのか」と疑問に感じている方も多いかと思います。

 

 

そこで今回は、膀胱炎の治療に使用する抗生物質は市販で購入できるのか?

また膀胱炎はどのような症状が出るのか調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

膀胱炎の症状は?

 


 

 

 

 

 

 

膀胱炎大腸からの細菌が膀胱に感染してしまい、炎症を起こす病気です。

 

 

 

主な症状としては

 

・頻尿

 

・排尿痛

 

・尿混濁

 

 

などが挙げられます。

 

 

これらの症状の他に、下腹部の違和感・不快感を訴えることもあります。

 

 

症状は急激に起こり、

頻尿に関してはトイレで尿を出しても残尿感があり、一時間に一度のペースでトイレに行くこともあります。

 

 

治療法としては、

抗生物質による抗菌治療が一般的ですが、初期の段階であれば市販の薬で症状が改善することもあります。

 

 

 

 

膀胱炎になると、排尿痛などの症状があるため、

排尿を嫌がる方も多いですが、膀胱内の細菌を洗い流すためにも水分はたくさん取ったほうがいいでしょう。

 

 

ちなみに、膀胱炎に効く市販薬はボーコレンや腎仙散が有名です。

 

 

 

膀胱炎に効く抗生物質は市販で買えるの?

 

 

 

初期の膀胱炎の場合、市販薬で治せる可能性があります。

 

 

 

とはいっても、市販の薬というのは膀胱内の細菌を殺すのではなく、

菌を流すようなイメージなので、初期の段階でなければ治すことは難しいでしょう。

 

 

 

通常は泌尿器科で受診すると抗生物質が処方されます。

 

 

膀胱炎の原因菌の多くは大腸菌ですが、その他ブドウ球菌属、プロテウス、肺炎桿菌属、腸球菌属などの細菌もあります。

 

 

膀胱炎で処方される抗生物質は、

ニューキロノン系剤、セフェム系剤、ペニシリン系剤の3種類です。

 

 

ただ、これらの抗生剤は市販で売っていることはありません。

 

 

抗生物質は、様々な副作用もありますので、

素人の方が自己判断で服用してしまうと、様々な弊害が起きる可能性があるため、市販では購入できないのです。

 

 

ですので、膀胱炎になってしまったら、泌尿器科で受診し抗生剤を処方してもらうか、

ボーコレンや腎仙散などの市販薬で治療していくのがいいでしょう。

 

ただ、市販薬に関しては初期の膀胱炎でなければ治すことは難しいので、

病院へ行き検査してもらったほうがいいかもしれません。

 

 

 

医師の指示に従い、しっかり服用しよう!

 

 

 

抗生物質は医師の指示に従い、決められた時間に決められた量を服用しましょう。

 

 

多くの場合、服用を始め数日で症状は改善されますが、

ここで服用をやめてしまいますと、膀胱に残っている菌が再び活発に活動し、

再度、膀胱炎を発症してしまいます。

 

しかも、抗生物質を服用する前よりも強力な菌になってしまうこともあるようなので、

確実に膀胱内の菌を始末しましょう。

 

 

膀胱炎に効く薬は胃腸に負担をかけやすいので、

食後に飲むような薬が多いのです。

 

また、水で服用するタイプが多いのは、水分補給で排尿を促すという利点もあるのです。

 

 

 

薬の服用の決まりを守るのは、薬の効果を最大限に発揮するために大切なことなので、しっかり守るようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

 

 

 

膀胱炎に効く抗生物質は市販では販売されていません。

 

ですので、膀胱炎の症状に気が付いたらまずは医師に相談してください。

 

 

市販薬もありますが、

なかなか症状が改善せず、むしろ酷くなってしまうこともありますので、

抗生物質で確実に治療したほうがいいです。

 

 

医師の指示に従い、飲む時間や飲む量を確実に守りましょう。

 

 

指示に従わず、自己判断で服用してしまうと、

副作用が起きたり、症状が長引くことになります。

 

 

医師の指示に従い適切な治療を行えばそれほど重症化せず、比較的短時間で治癒することでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

病気   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: