腕や足に黄色いあざが!原因は病気?

リレの生活知恵袋

腕や足に黄色いあざが!原因は病気?

読了までの目安時間:約 6分

 

a0001_009696

 

足や腕に黄色いあざができることがあります。

 

 

青いあざは、ぶつけたりしたときなどによくできますが、

黄色いあざができてしまうと不安な気持ちになりますよね。

 

 

今回は、足や腕に黄色いあざができる原因などを紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

あざの原因は?

 


 

 

 

 

まずはあざができる原因を見ていきましょう。

 

 

 

足や手などを強くぶつけると青あざができますよね。

 

 

あざは皮膚の下で内出血を起こしている状態ですが、

血液の色は赤なのにも関わらず、なぜ青あざや黄色いあざができるのでしょうか?

 

 

 

 

まず、対象部位を強くぶつけることで、内部組織が損傷し、

皮膚の下で出血を起こします。

 

この時はまだ青あざや黄色いあざになることはなく、赤いシミのようなあざが広がります。

 

 

出血後は、赤い色素のヘモグロビンが壊れるため、

次第に青味を帯びた色に変化していきます。

 

 

これが、強くぶつけたときに起こる、青あざの原因になります。

 

 

そして、内出血は時間の経過と主にヘムは変化していき、

最終的にはビリルビンと呼ばれる、黄色を帯びた物質に変化していきます。

 

 

このビリルビンという物質こそが、黄色いあざを作る元になるのです。

 

 

とはいっても、あざが黄色に変化するということは、

あざが治っているという証拠ですから心配する必要はありません。

 

 

ここまでを整理すると、腕や足などをぶつけると皮膚の下の組織が損傷し出血を起こします。

 

 

血液に含まれるヘモグロビンは時間の経過と共に破壊されていき、

次第に青色を帯びてきます。

 

これが、よく見る青あざです。

 

 

さらに色素物質は変化していき、最終的にはビリルビンと言われる、黄色い物質に変化します。

 

この段階で、ぶつけた患部が黄色を帯びるようになりますが、

あざが黄色になるということは、完治までの最終段階なので気にする必要はありません。

 

 

 

黄色いあざは病気のサイン?

 

 

 

白血病の症状として、青あざができると言われています。

 

 

これは、血液中の血小板が減少してしまうことで、

皮膚の下で容易に出血してしまい、青あざができてしまうのです。

 

 

ただ、白血病に起因するあざは黄色を帯びることはないので、

黄色いあざができたからとって白血病の疑いは低いでしょう。

 

 

 

皮膚が黄色くなってしまう病気があるとすれば

肝臓や胆管などの病気が考えられます。

 

 

これらの臓器が病気になった場合、黄疸と呼ばれる症状が起きます。

 

 

黄疸は黄色いあざの原因物質である、ビリルビンが血液中に増加してしまうことで症状が現れますが、

肝硬変や肝炎などの病気が典型的な例です。

 

 

黄疸はあざのような症状が出ることはありませんが、

皮膚が黄色っぽい色になり、特に目が黄色くなると言われていますので、そこで判断するといいでしょう

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

 

 

足や腕に黄色いあざができた場合、病気などの心配はありません。

 

 

 

黄色いあざは、打身が治りかけているという証拠ですから、

そのまま放置しておけばいいでしょう。

 

 

早く治したい場合は、つまようじを20本程度束ね、

患部周辺の皮膚を痛くない程度にマッサージします。

 

 

これにより、内出血した血液が散り青あざもしくは黄色いあざを早く治すことができますよ。

 

 

ただ、原因不明の黄色いあざが足や腕など全身に複数個でき、なおかつなかなか治らないようであれば、

一度皮膚科で診てもらった方がいいでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

病気   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: