耳の後ろが腫れて痛い!原因はリンパ?何科を受診すればいいの?

リレの生活知恵袋

耳の後ろが腫れて痛い!原因はリンパ?何科を受診すればいいの?

読了までの目安時間:約 9分

 

a1180_006008

 

耳の後ろが腫れて痛いことありますよね。

 

 

 

痛みがそれほどない場合は見過ごしてしまいそうですが、

重大な病気の可能性がありますので、どのような病気が考えられるのか調べたほうがいいでしょう。

 

 

リンパの腫れなどであればそれほど危惧することもないですが、やはり脳の近くが痛むとなると、

心配する方も多いと思います。

 

 

そこで今回は耳の後ろが腫れて痛い場合に考えられる病気と、

何科を受診すればいいのか解説していきますので是非参考にしてください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

耳の後ろが腫れる原因は?

 


 

 

 

 

 

 

冒頭でも記述しましたが、

耳が腫れていたむ原因は様々で、その中でもリンパが腫れてしまい痛むことが多いようです。

 

 

耳たぶが腫れて痛い!しこりの原因は?何科で受診すればいいの?

 

 

腫れはリンパの炎症が原因?

 

 

 

耳の後ろが腫れて痛い時はリンパが原因となっていることが多いです。

 

 

 

リンパは体中張り巡らされており、

リンパの中にはリンパ節と呼ばれる、細菌やウイルスを処理する場所があります。

 

このリンパ節は耳の後ろやわきの下,そけい部、首の付け根に多く存在しており、

風邪やけがなどにより、体内にたくさんの異物が入り込むことでリンパ節が腫れてしまうことがあります。

 

 

 

 

リンパ節炎は耳の裏だけではなく、

わきの下などに起こることもあり、その場合も患部が腫れて痛みを伴うことがほとんどです。

 

 

わきの下のしこりのが痛い!男で考えられる病気は?

 

 

放っておくことで自然治癒することもありますが、

あまりにも腫れや痛みが続く場合は、医師の診断を受けたほうがいいでしょう。

 

 

治療法としては抗生物質を飲んで治すのが一般的です。

 

 

 

 

粉瘤

 

 

 

 

 

粉瘤は皮下組織に老廃物が溜まってしまい徐々に肥大化していく病気です。

 

 

病気といいましたが、実際は皮膚の下にドロドロした悪臭を放つ液体が溜まっているだけであり、

皮膚への継続的な刺激や、外傷などからばい菌が入り発症することが多いようです。

 

 

 

体のどの部分にもできますが、

特に顔や首などに多くできると言われており、もちろん耳の後ろが腫れることもあります。

 

 

ただ、リンパの腫れのような痛みはなく、

押しつぶすと悪臭を放つ液体のようなものが出てきます。

 

 

大きさは小さいもので1センチ程度大きいものになると10センチほどになるということで、

治療法としては小さいものは経過観察、大きいものであれば手術して切除します。

 

 

 

ごくまれに粉瘤から皮膚がんになってしまうこともあるようなので心配であれば早めに医療機関で受診しましょう。

 

 

 

症状に気が付いたら皮膚科もしくは形成外科に行けばよいです。

 

 

 

 

耳の裏に腫れがないが、痛みを伴う病気

 

 

 

耳の裏側に腫れが見られないものの、痛みがある場合は後頭神経痛の可能性があります。

 

 

 

 

 

後頭神経痛は後頭部を通る神経が痛む病気です

 

痛みや症状も人それぞれで、

後頭部に電気の走るような痛みを感じる方もいれば、目の奥が痛む方、耳の後ろなど一部が痛む方などがいます。

 

 

 

原因としてはストレスが一番ですが、

その他に姿勢が悪い方や不規則な生活をしている方に多くみられるということです。

 

 

 

その他に考えられる病気

 

 

 脂肪腫

 

 

耳の裏に腫れがあり、痛みがない場合は脂肪腫の可能性があります。

 

 

脂肪腫は皮膚の下に脂肪細胞が固まる病気で、

触っても痛くないことがほとんどです。

 

日に日に肥大化していくこともありますが、

腫れやしこりが小さい場合は経過観察で済むこともあります。

 

ただ、急激にしこりや腫れが大きくなった場合、脂肪肉腫を患っている可能性もありますので、

早急に医師に相談しましょう

 

 

悪性リンパ腫

 

 

 

その他、悪性リンパ腫の可能性があります。

 

 

悪性リンパ腫の症状としては痛みのないしこりや腫れが起き、

その症状と併発するように発熱や体重減少、全身の倦怠感、寝汗などの症状が見られます。

 

 

ただ、これらの病気の判断は素人では難しいので、まずは医師に相談することが大事になってきます。

 

 

スポンサーリンク

 

何科で受診すればいいの?

 

a0003_001810

 

 

症状によって何科に行くのか違ってきます。

 

自分で病名がわかり、それに合った科に行くことができればいいのですが、

私たち素人が病気を判断できるわけがないですよね。

 

 

 

ですので耳の裏が腫れて痛い場合は内科、もしくは皮膚科に行けばいいでしょう。

 

 

そこで一度受診してみて、他の科がいいのであれば医師が「○○科へ行ってください」ということを伝えてきますので、

その指示に従えばいいだけです。

 

 

病気に関して素人の私たちが病名を判断し、その病気に合った科へ行くなんてことは不可能です。

 

ですので、症状に気が付いたらまずは病院へ行き検査をするのがいいでしょう。

またかかりつけの医師がいる場合には、その医師に相談してもいいと思いますよ。

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

耳の後ろのが腫れてなおかつ痛みがある場合、リンパが炎症を起こしていることがほとんどです。

 

 

放置しておいても治りことがありますが、

他の病気の可能性がありますので、まずは病院で検査したほうがいいでしょう。

 

何科に行けばいいのか迷ったときはとりあえず内科で受診すればいいと思いますよ。

 

スポンサーリンク

 

病気   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: