男性の排尿痛み!原因は?何科で受診すればいいの?

リレの生活知恵袋

男性の排尿痛!原因は?何科で受診すればいいの?

読了までの目安時間:約 9分

 

virus_fukutsuu

 

排尿時に痛みを感じることがあります。

 

 

排尿は毎日何回も行いますから、そのたびに痛みを感じるのはとても不快ですよね。

 

 

 

痛みの感じ方も様々で、

強く痛む方もいれば、数回に一回痛むという方もいます。

 

 

稀に重大な病気を患っていることもありますので、安易な考えは禁物です

 

今回は男性の排尿痛の原因と何科で受診すればいいのか解説していきますので、

ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

排尿痛の原因

 


 

 

 

男性の排尿痛の原因は以下のものが考えられます。

 

 

・膀胱炎

 

・前立腺がん

 

・性病

 

・尿道炎

 

それぞれ詳しく解説していきます

 

 

膀胱炎

 

 

膀胱炎は女性に多い病気ですが、男性も膀胱炎になることがあります。

 

 

 

膀胱炎の原因は大腸菌などの細菌が、膀胱内に増殖し、炎症を起こす細菌感染症です。

 

 

排尿痛、頻尿、尿混濁などの症状が急激に現れ、

下腹部にも不快感が現れることもあります。

 

 

 

治療法としては抗菌薬の処方が一般的で、

服用して数日で症状が改善しますが、ここで抗生物質の服用を中止してしまうと、

膀胱内に残った細菌が再び悪さをしますので、医師の診断に従い、しっかり服用しましょう。

 

 

 

膀胱炎は内科、泌尿器科で受診しましょう。

 

 

膀胱炎の症状は?抗生物質は市販で買えるの?

 

 

前立腺がん

 

 

 

前立腺は男性にだけ存在する、精液の一部を作っている臓器です。

 

 

前立腺のガンは、前立腺の細胞がガン化してしまうことで発症してしまいます、

 

 

原因特定されていないのが現状ですが、

最近では遺伝子の異常が原因と言われていますので、親族に前立腺がんを患った方がいる方は要注意です。

 

 

 

症状の現れ方ですが、初期の段階ではほとんど自覚はありません

 

 

 

症状が進行してくるにつれ、

尿が出にくい、尿の回数が多い、残尿感などの症状が現れ、

ガンが尿道にまで進行してくると排尿痛を感じることもあります。

 

 

さらに進行してくると尿が出なくなり、他の部位に転移してしまいます。

 

 

 

初期段階発見できれば、

放射線治療などで治療を行うことができ、通常の生活を送れるようになります。

 

 

ガンは早期発見が大切になりますので、

尿が出にくい、残尿感、排尿痛を感じたのであれば早急に医師の診断を受けてください。

 

 

これらの症状が現れたら、泌尿器科で受診しましょう。

 

 

性病

 

 

排尿痛を伴う性病はクラミジア感染症淋菌感染症が挙げられます。

 

 

クラミジア感染症に関しては、

クラミジア・トラコマチスという菌に感染することで症状が現れ、排尿痛やさらさらした尿道分泌液が現れます。

 

 

また、精巣の腫れや発熱を伴うこともあります。

 

 

淋菌感染症は性病の中でも感染頻度が多く、

 

 

症状としては、尿道痛、排尿痛、亀頭部の発疹、尿道部からの膿などが挙げられます。

 

 

 

クラミジア感染症、淋菌感染症、共に泌尿器科で受診すればいいでしょう。

 

 

 

 

尿道炎

 

 

尿道炎のほとんどは性感染症に起因するものです。

 

 

男性の尿道炎の原因は性行為による、微生物感染にあり、

淋菌性尿道炎非淋菌尿道炎に分けられています。

 

 

淋菌による尿道炎は感染から一週間以内に

尿道口からの膿や、排尿痛、腫れや発疹などの症状が現れ、稀に前立腺炎精巣上体炎などの病気を引き起こす可能性もあります。

 

 

非淋菌尿道炎は名の通り、

淋菌以外の原因で尿道炎を発症してしまうことです。

 

 

代表的なものはクラミジア尿道炎があります。

 

 

感染してから発症するまでの潜伏期間は1~3週間と長いのが特徴で、

症状も比較的ゆっくり進行していき、尿道痛を伴うこともあります。

 

 

いずれの感染症も抗菌薬の投与が効果的なので、

排尿時に痛みが出たり、尿道から膿が確認できた時は細菌による感染症の可能性が高い為、

早急に医師に相談しましょう。

 

 

尿道炎は泌尿器科で受診してください。

 

 

何科で受診すればいいの?

 

 

 

男性の排尿痛の原因は様々ですが、基本的には泌尿器科で受診しましょう。

 

 

 

膀胱炎に関しては内科でもいいですが、

やはり専門の科で診てもらった方が安心ですよね。

 

 

排尿痛は前立線がんの可能性もありますので、

痛みを我慢するのではなく、早急に医師の診断を受けましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 まとめ

 

 

 

 

男性の排尿痛の原因と何科で受診するのか解説してきました。

 

 

性行為などが原因の場合は、

クラミジア感染症や淋病などで排尿痛を伴います。

 

 

前立腺がんの場合は痛みを伴う前に、尿が出にくい、尿のきれが悪いなどの症状が現れますので、

これらの症状に気が付いたら早急に医師に相談しましょう。

 

 

 

早く治療を行えば治癒する確率も上がりますし、

治療期間も短くて済みます。

 

 

いずれにせよ、排尿痛を感じたならば、早めに泌尿器科で受診しましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

病気   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: