帯状疱疹は赤ちゃんや子供にうつるの?お風呂は入っても大丈夫?

リレの生活知恵袋

帯状疱疹は赤ちゃんや子供にうつるの?お風呂は入っても大丈夫?

読了までの目安時間:約 7分

 

akachan_asemo

 

帯状疱疹という病気をご存知でしょうか?

 

 

帯状疱疹は水痘・帯状ウイルスによって引き起こされます。

 

 

子供の時にほとんどの方が水ぼうそうにかかると思いますが、

帯状疱疹も水ぼうそうと同じウイルスに感染することにより発症します。

 

 

一度水ぼうそうにかかり治癒したとしても、ウイルスは体内に身を潜めており

体の免疫が落ちたときに再び神経を伝わり帯状疱疹として症状が現れるのです。

 

 

水ぼうそうは強いかゆみが特徴ですが、

帯状疱疹の場合は強い痛みが症状として現れます。

 

 

 

ここで心配になるのが、帯状疱疹は赤ちゃんや子供にうつるのか?ということですよね。

 

自分自身が帯状疱疹にかかった時に子供にうつしてしまっては、

申し訳ない気持ちになってしまいますものね

 

 

そこで今回は帯状疱疹は赤ちゃんや子供にうつるのか?お風呂に入っても問題ないのか解説していきますので是非参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

 

 

帯状疱疹は子供や赤ちゃんにうつる?

 


 

 

 

 

冒頭でも書きましたが、帯状疱疹は水痘・帯状疱疹ウイルスによって引き起こされます。

 

 

 

 

 

子供の頃にかかる水ぼうそうはこれらのウイルスによって発症しますが、

水ぼうそうが治った後も体内にウイルスは潜んでいます。

 

 

 

 

これらのウイルスは免疫が落ちたときに再び帯状疱疹として皮膚に水疱の症状が現れるわけですが、

赤ちゃんや子供にもうつることがあります。

 

 

 

ただうつるのは、水ぼうそうにかかったことのない子供や赤ちゃんに限られます。

 

 

水ぼうそうにかかったことのある赤ちゃんや子供にうつることはありませんので安心してください。

 

 

 

もし帯状疱疹のウイルスが子供や赤ちゃんに感染した場合、

帯状疱疹として症状が現れるのではなく、水ぼうそうとして全身の皮膚にかゆみを伴う水ぶくれができます。

 

 

 

 

 

初めて水痘・帯状疱疹ウイルスに感染したときは水ぼうそうとして症状が現れ、

再び症状が現れる時は帯状疱疹として皮膚に症状が現われるのです。

 

 

 

ただ、水ぼうそうは子供の9割以上が発症し、大人になってから発症すると重症化してしまうということを考えると、

早い段階で水ぼうそうにかかってしまった方がいいかもしれません。

 

 

 

 

お風呂に入ってもいいの?

 

 

 

 

構いません。

 

 

ただ、水痘・帯状疱疹ウイルスは飛沫感染するので、

帯状疱疹を患っている大人と、水ぼうそうにかかったことのない子供や赤ちゃんが一緒にお風呂に入った場合はうつってしまうかもしれません。

 

 

水を介してうつるということはないですが、

ウイルスを子供にうつしたくない場合は別で入るのが賢明な選択と言えるでしょう。

 

 

何度も言いますが、一度水ぼうそうにかかったことのある子供に帯状疱疹はうつることはないので、

一緒にお風呂に入っても問題ありません。

 

 

スポンサーリンク

 

帯状疱疹は再発するの?

 

 

 

 

帯状疱疹は一生に一度の病気と言われていますが、

他の病気により極端に免疫が低下したときには再発する可能性があります。

 

 

 

また、帯状疱疹になってから、ウイルスに対する免疫は低下していくと言われていますので、

季節の変わり目など免疫が低下しているときに発症してしまう可能性があります。

 

 

 

再発する患者さんは100~200に一人程度と言われています。

 

 

 

 

 まとめ

 

 

帯状疱疹は水ぼうそうにかかったことのない子供や赤ちゃんにうつる可能性があります。

 

 

ただ、帯状疱疹になったとしても、

マスクなどをして、体液が飛沫しないように気を付けていれば感染リスクを下げることができます。

 

 

 

また、水ぼうそうは子供の9割以上がかかる病気なので、

早かれ遅かれいずれはかかることのある病気なので、感染を防止するよりは潔くウイルスに感染してしまった方がいいかもしれませんね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

子供 病気   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: