左足・右足がしびれる原因は?ふくらはぎや太ももに症状が現れたらどうしたらいいの?

リレの生活知恵袋

左足・右足がしびれる原因は?ふくらはぎや太ももに症状が現れたらどうしたらいいの?

読了までの目安時間:約 9分

 

a1640_000388

 

左足・右足がしびれてしまうことがありますよね。

 

 

その症状はふくらはぎに現れたり、太ももに現れたりと様々です。

 

 

正座など長時間同じ姿勢をとったことでしびれが現れるなど、

原因がはっきりとしていればそれほど心配する必要はありませんが、

原因がわからず右足・左足のふくらはぎや太ももがしびれている場合は要注意です。

 

 

放置することで日常生活に支障をきたすほど悪化してしまうことも少なくありません。

 

 

 

今回は右足・左足の太ももやふくらはぎがしびれる原因と

何科で受診すればいいのか解説していきますので是非参考にしてください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

しびれが起きる原因は?

 


 

 

 

 

左足・右足にしびれが現れたら以下の原因が考えられます。

 

 

 

・脊柱管狭窄症

 

・頸椎椎間板ヘルニア

 

・閉塞性動脈硬化症

 

・脳梗塞

 

 

それぞれ解説していきます。

 

 

 

脊柱管狭窄症

 

 

 

 

背部の脊柱管狭窄症により左足もしくは右足の片足がしびれてしまうことがあります。

 

 

 

原因としては、

加齢や外傷の他にすべり症なども原因となることがあります。

 

 

脊柱管狭窄症は頸椎や腰椎で発症しますが、

足がしびれてしまうときは腰椎で脊柱管狭窄症が発生しています。

 

 

腰椎で発生した場合の症状は、

右足もしくは左足のどちらかにしびれや痛みなどの症状が現れますが、

両足にも症状が現れることがあります。

 

 

これらの症状は太ももややふくらはぎに症状が現れ、

足の裏にまでしびれを感じることもあります。

 

 

 

腰痛がありなおかつ腰が重い、右足・左足のどちらかにしびれや痛みなどの症状が現れたら、

脊柱管狭窄症の可能性がありますので、整形外科で受診しましょう。

 

 

 

 

頸椎椎間板ヘルニア

 

 

 

頸椎椎間板ヘルニアもまた左足・右足にしびれを伴うことのある病気です。

 

原因は一つではなく、

加齢や外傷、遺伝的要因、運動負荷など様々な要因で発症してしまいます

 

 

 

頸椎椎間板ヘルニアを発症すると手足にしびれが起き、

先端に行くほど症状が強く現れます

 

 

左足に症状が出ることもあれば右足もしくは両足に症状が現れることがあります。

 

 

この病気は下肢だけではなく上肢にもしびれなどの症状が現れるのが特徴で、

腕に現れる症状としては、握力低下や細かな作業が困難になります。

 

 

例えば字が書きにくくなったり、

ボタンが止め外しが難しくなり、日常生活にも支障をきたすようになります。

 

 

 

下肢に症状が現れた場合は、

足が前に出にくくることにより歩幅が狭くなったり、

階段の上り下りが難しくなります。

 

 

頸椎椎間板ヘルニアと思われる症状が現れたら、整形外科で受診しましょう。

 

 

 

閉塞性動脈硬化症

 

 

閉塞性動脈硬化症は動脈硬化が原因で、

四肢に血流障害を起こす病気です。

 

 

糖尿病や高血圧、喫煙など動脈硬化の危険因子を持っている方がかかりやすいと言われています。

 

 

 

閉塞性動脈硬化症の初期症状としては、

太ももやふくらはぎの冷感やしびれなどがあげられ、

病気が進行すると一定の距離を歩行することでふくらはぎや太ももが重くなってきたり、

痛みを伴うことがあります。

 

 

そのような症状が現れた場合、

一休みすると症状が和らぎ、再び動くと痛みを伴います。

 

 

さらに症状が進行すると潰瘍ができてしまうことがあります。

 

 

 

太ももやふくらはぎに冷感やしびれ、

さらに歩行することで足に痛みなどを伴なう場合は閉塞性動脈硬化症の可能性がありますので、

整形外科で受診しましょう。

 

 

 

脳梗塞

 

 

 

脳梗塞は脳の血管が詰まったり血流が悪くなることにより

脳に酸素や栄養が行きわたらなくなり、その状態が続くことにで脳細胞の一部が壊死してしまう状態のことを言います。

 

 

 

脳梗塞の典型的な症状として片麻痺が挙げられます。

 

 

片麻痺は片方の手足がしびれなどの症状を引き起こし、

麻痺してしまう状態のことをいいます、

 

 

また、脳梗塞を発症すると片麻痺症状の他に失語症や言語障害、相手が何を言っているのかわからない

などの症状が現れることがあります。

 

 

 

 

 

脳梗塞は一刻を争う病気なので、

左足もしくは右足にしびれなどの片麻痺の症状が現れ、

さらにものが二重に見える、失語症、感覚障害を引き起こした場合は早めに医師に相談してください。

 

 

 

脳梗塞と思われる症状が現れたら、

神経内科もしくは脳神経外科で受診しましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

最後に

 

 

 

右足・左足の太ももやふくらはぎがしびれる原因を紹介してきました。

 

 

 

しびれてしまう原因は腰椎など圧迫もしくは傷つくことで発症してしまうケースがありますが、

稀に脳梗塞の前兆ということも考えられますので、安易な考えは禁物です。

 

 

ですので、しびれの他に言語障害や失語症、物が二重に見える、相手の言っていることが理解できない等の症状が併発した場合、脳梗塞を疑い脳神経外科もしくは神経内科を受診しましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

病気 足の痛み   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: