左手・右手の指がしびれる!原因は?何科で受診すればいいの?

リレの生活知恵袋

左手・右手の指がしびれる!原因は?何科で受診すればいいの?

読了までの目安時間:約 11分

 

a0002_009292

 

指がしびれることがあります。

 

 

 

指がしびれる原因は、神経障害に起因していることが多いので、

まずは神経に異常がないか確かめます。

 

稀に脳梗塞などの重大な病気の兆候ということも考えられますが、

日常生活のなかで指の神経に継続的な刺激を与えてしまうことでも、指がしびれてしまうということも考えられます。

 

左手・右手の指がしびれてしまう原因はいくつか考えられますが、 今回は代表的なものを紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

右手・左手の指がしびれる原因

 


 

 

指がしびれる原因は以下のものが考えられます。

 

 

・指神経麻痺

 

・手根管症候群

 

・頸肩腕症候群

 

・胸郭出口症候群 

 

・脳梗塞

 

 

 

難しい名前の病気が並んでいますが、 これらの病気は指にしびれ伴うなどの症状が現れます。

 

それぞれ解説していきます。

 

 

 

 

指神経麻痺

 

 

 

指神経は手首から来た神経が枝分かれして

それぞれ指先に向かって走っている神経です。

 

 

指神経麻痺は指神経が圧迫されたり、

継続した刺激を受けることで指がしびれを起こしてしまう疾患です。

 

 

症状としては左手もしくは右手の指先がしびれるだけで、

他の症状はありません

 

 

原因は指神経を圧迫してしまうことにありますので、 日常生活の中で思い当たることはないか考えてもみましょう

 

 

例えば、ボーリングを行うことで親指の神経が圧迫されたり、

ボールペンを強く握りすぎるなど、指の神経を強く圧迫する要因がないか考えると自ずと原因が見えてきます。

 

 

 

 

指を圧迫する原因を取り除けば、通常しびれは引いていきますが

症状が治まらない場合は他に原因があるか、もしくは違う病気の可能性があります。

 

 

手根管症候群

 

 

手根管症候群は手首にある正中神経が麻痺を起すことで発生します。

 

 

正中神経は手首部にある手根管を通り、

周囲三方向を骨の壁、残りの一方は強靭な靭帯によって囲まれている為、神経が圧迫されやすいのです。

 

 

手の使い過ぎによる腱鞘炎や、

糖尿病などにより正中神経が損なわれ、容易に正中神経麻痺を起こします。

 

 

これを手根管症候群と言います。

 

 

症状としては初期段階では中指にしびれが起こり、

最終的には親指側3本半の指にしびれが起こります。

 

 

手根管症候群睡眠時にしびれもしくは痛みを伴うのが特徴で、

症状が酷い場合は眠れないことや、睡眠の途中で起きてしまうこともあります。

 

治療法としては、安静や飲み薬、注射などの保存的治療が行われますが、

症状が酷い場合は手術による治療が行われます。

 

 

 

手根管症候群は整形外科で受診しましょう。

 

 

頸肩腕症候群

 

 

頸肩腕症候群もまた左手もしくは右手の指先にしびれが起こります。

 

 

この病気が注目されるようになったのは昭和30年頃で、

この時期は各企業にコンピューターが導入された時期でもあります。

 

 

コンピューターが導入され、そこで働く人が肩こりや、

指のしびれを訴える方が多くなり、この病気の認知度が上がったのです。

 

 

頸肩腕症候群肩,上肢、背部にかけての痛みやしびれを呈する症候群とされていますので、

指先にしびれが起こることもあれば、腕に痛みやしびれを起こすこともあります。

 

 

 

主な症状としては、肩・首・手のコリや脱力感、冷感、めまいや立ちくらみ、

指のしびれなど様々な症状が挙げられます。

 

 

これだけの症状が現れると、 病気の判断が難しくなりそうですね。

 

 

頸肩腕症候群はパソコンを使用する方や、スポーツなどで腕を酷使する方に多く見られるので、

治療法としては腕の安静やストレッチが有効になります。

 

 

その他、ブロック注射や薬物治療もおこなわれることがあります。

 

 

頸肩腕症候群整形外科で受診しましょう。

 

 

胸郭出口症候群

 

 

胸郭出口症候群は何らかの原因で、

鎖骨付近の神経が血管と共に圧迫されてしまうことで起こります。

 

 

初期段階では指のしびれ腕の感覚異常(熱い、冷たい)などの症状が現れます。

 

 

症状が進行すると、

肩や腕にまでしびれや痛みが広がり、腕を上げたり首を曲げたりすることが困難になることもあります。

 

 

また、指先の変色が見られることがあり、

首を特定の方向に傾けることで、指先の血色が悪くなる時は胸郭出口症候群を疑いましょう。

 

 

胸郭出口症候群は整形外科で受診してください。

 

 

 

 

 

脳梗塞

 

 

脳梗塞は脳の血管が詰まったり

脳への血流が通常の5分の1から10分の1くらいに低下してしまうことで、

脳へ栄養や酸素が供給されなくなり、その部位が壊死してしまったことをいいます。

 

 

 

高齢者に多く見られますが、 他の危険因子である高血圧や糖尿病、肥満、

ストレスなどいずれも生活習慣に起因するものが多いことで知られています。

 

 

典型的な症状としては意識障害や片麻痺、失語症、言語障害などが現れますが、

片手・片足などの部位にしびれなどの症状が現れることがあります。

 

 

 

症状が出る場所は、脳梗塞が起きた場所により異なります。

 

 

 

左右どちらかの手にしびれが起き、 さらに腕が動かしにくい、

言葉が出てこない、物が二重に見えるなどの症状が現れた場合脳梗塞の可能性がありますので、 早急に医師の診断を受けてください。

 

 

 

手足のしびれは何科で受診すればいいの?

 

 

左手もしくは右手の指にしびれが起きた場合は何科で受診すればいいのでしょうか?

 

指に起こるしびれの多くは上記で紹介した疾患であることが多いので、

基本的には整形外科で受診しましょう。

 

 

手のしびれ意外に、 片麻痺や言語障害、麻痺症状が現れた場合は脳梗塞など重大な病気の可能性がありますので、

救急車もしくは脳外科、脳神経外科で受診してください。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

 

 

 

手の指のしびれの原因の多くは、

普段の生活で腕や指を酷使したりすることにありますので、

しびれが出てきたらまずは手を休ませたり、ストレッチなどをして様子を見ましょう。

 

 

 

それでもよくならない場合は、整形外科に行き医師の診断を受けてください。

 

放置してしまうと、症状が酷くなり治療期間も長くなってしまうことがありますので、

できる限り早めに医師に相談しましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

病気   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: