大人のプール熱 症状は軽い?会社は休んだ方がいいの?

リレの生活知恵袋

大人のプール熱 症状は軽い?会社は休んだ方がいいの?

読了までの目安時間:約 8分

 

a0800_001254

 

毎年プールの時期になると流行るのがプール熱。

 

 

プール熱はアデノウイルスに感染することで、症状が現れます。

 

 

 

正式名称は咽頭結膜熱といい、

プールの水などから感染するため夏場はプール熱の感染が広がるのです。

 

 

 

子供に多いプール熱ですが、大人にも感染してしまいます。

 

 

 

今回は大人がプール熱に感染してしまうとどのような症状が現れるのか、

また、会社へ出勤してもいいのか解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

 

どんな症状が現れるの?

 


 

 

 

 

 

 

一般的にプール熱に感染すると一週間程度の潜伏期間を経たのち、次のような症状が現れます。

 

 

 

 

・咽頭炎

 

・結膜炎

 

・高熱

 

 

 

上記のような症状が現れ、これらがプール熱の三大症状と言われているものです。

 

 

大人にもこのような症状が現れ、

高熱・咽頭炎(のどの痛み、腫れ)などの症状は一見すると風邪のような症状ですが、

プール熱は結膜炎(目の充血、目やに)を併発することが特徴です。

 

 

 

三大症状のうち一つしか症状が現れなくとも、プール熱と診断されることもあります。

 

 

ただ、これらの症状は子供に比べ大人の方が軽症で済むケースが多く、

発症後すぐに体調が回復するケースもあるということです。

 

 

 

感染経路は?

 

 

 

 

子供がプール熱に感染する経路は、圧倒的にプールが多いです。

 

 

それに比べ大人の感染経路は、

子供からの二次感染が大半をしめます。

 

 

アデノウイルスはプールからも感染しますが、

くしゃみや咳などの飛沫感染、便や尿などの糞口感染、キスなどの接触感染からも感染してしまいます。

 

 

飛沫感染するくらいですから、当然空気中にもウイルスが浮遊していますので、

同じ屋根の下に住んでいるならば比較的容易に感染してしまいます。

 

 

ですので、子供がプール熱に感染してしまったら早めにマスクなどを着用し、

感染しないように努めましょう。

 

 

 

 

 

会社は休んだ方がいいの?

 

 

 

基本的には休んだ方がいいでしょう。

 

 

高熱に加え、喉の痛みなどを伴いますので、会社に行くのは辛いと思います。

 

 

さらに、アデノウイルスは飛沫感染しますので、

会社でくしゃみや咳などをした場合、他の従業員が感染してしまうことも考えられます。

 

 

そうなってしまうと、会社としてもかなり迷惑な話なので、遠慮せずに休んでください。

 

 

 

ただ、どうしても外せない仕事があり会社へ出勤しなければいけない時は、

必ずマスクを着用していき、周りに感染しないように細心の注意を払うべきです。

 

 

仕事が早く終われば早退して、家でゆっくり体を休めてください。

 

 

無理して会社に行くよりかは、家で安静にしていた方が治りが速いですし、

長い目で見た場合、会社を休んで早めに治した方が早く会社に復帰することができます。

 

 

休む期間の目安としては、熱が下がり、のどの痛みもある程度落ち着いたならば出勤しても大丈夫です。

 

 

 

ただ、ウイルス自体は体の中に残っていることもありますので、

マスクを着用し咳やくしゃみなどでウイルスが飛沫しないように注意しましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

治療法は?

 

 

 

 

治療法ですが、現在アデノウイルスに対する薬は開発されていません。

 

 

したがって、現在プール熱の治療は自然治癒力を考え、

自宅で療養するのが一番です。

 

 

治療の基本は自宅で安静にし、

栄養のある食べ物を食べ、体に抵抗力をつけましょう。

 

 

 

あまりにも熱が出てしまったり、結膜炎が酷くなるようであれば、

医者に行き薬を出してもらうのもいいと思います。

 

 

ただ、医者で出してもらう薬は、

アデノウイルスに対する薬ではなく、あくまでも結膜炎や高熱などに対する対処療法です。

 

 

まとめ

 

 

 

大人のプール熱にの症状や治療法について解説してきました。

 

 

 

大人がプール熱に感染する経路は、

子供からの二次感染が圧倒的に多いので、

子供がプール熱にかかった場合はマスクを着用したり、うがい手洗いを徹底的に行い、プール熱の予防に努めましょう。

 

 

また、プール熱の有効な治療法は自宅での安静なので、

会社はできる限り休み、自宅でゆっくり休養したほうがいいです。

 

 

大人はプール熱になっても症状が軽く済む場合が多いので、しっかり休養を取ることで早く治ります。

 

 

 

これから、プールの季節となりますので、

しっかり対策を行い、アデノウイルスに感染しないようにしましょう。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

病気   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: