右胸の痛み!男性がズキズキと痛む原因は?何科で受診すればいいの?

リレの生活知恵袋

右胸の痛み!男性がズキズキと痛む原因は?何科で受診すればいいの?

読了までの目安時間:約 8分

 

a0002_010316

 

男性の右胸がズキズキと痛むことがあります。

 

 

ある日突然右胸が痛むと「病気ではないだろうか」と心配になってしまいますよね。

 

 

右胸には肺などの臓器が存在していますので、

もしかしたら肺に何かしらの病気を患っているかもしれません。

 

 

ですので、右胸に痛みを感じたら早めに医師に相談してください。

 

 

 

今回は男性の右胸が痛む原因と何科で受診すればいいのか解説していきますので、

是非参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

男性の右胸が痛む原因は?

 


 

 

 

 

 

男性の右胸が痛む原因は以下の病気が考えられます

 

 

・肺気胸

 

・肋間神経痛

 

・胆のう炎

 

 

それぞれ解説していきます。

 

 

 

肺気胸

 

 

 

肺気胸は肺が何らかの原因で穴が開き、肺が縮んでしまう病気です。

 

 

気胸はやせ形の男性に多く見られる病気で、

運動や交通事故など明らかな原因がないにも関わらず、穴が開いてしまうこともあります。

 

 

このように自然に肺に穴が開いてしまう現象を特発性肺気胸と呼びます。

 

 

特発性気胸では自然に肺に穴が開き、一時的には空気が漏れますが、

多くは自然に閉じてしまいます。

 

 

ただ、気胸により肺に穴が開いた状態が続くと、

胸の痛みや呼吸困難、咳が出る、動悸、息切れといった症状が起こります。

 

 

右胸が痛むということは右の肺が何らかの原因で肺気胸を起こしている可能性があります。

 

 

肺気胸は再発しやすいと言われていますので、

症状が治まっても一度は医師に相談することをおすすめします。

 

 

 

肺気胸は内科もしくは呼吸器内科を受診しましょう。

 

 

 

肋間神経痛

 

 

 

男性の右胸が肋間神経痛により痛んでしまうことがあります。

 

 

肋間神経痛は肋骨に沿って走っている肋間神経が、何らかの原因で痛んでしまう病気です

 

 

 

原因不明で突然胸が痛む原発性肋間神経痛と、

骨折やヘルニアなど、病気や外傷が原因となる続発性肋間神経痛があります。

 

 

続発性肋間神経痛に関しては

骨折やヘルニア、ストレス、帯状疱疹、内臓疾患、腫瘍などが原因となっている場合や

慢性的な運動不足により神経が骨や筋肉に締めつけられて発症してしまうケースもあるようです

 

 

 

典型的な症状として、

左右どちらかに起こる胸の痛みで、

突き刺すような鋭い痛みを感じることがあります。

 

 

当然、右胸付近に鋭い痛みを感じることもあり、一般的には深呼吸をしたり、

大声をあげるなどした時に症状が酷く現れる傾向にあります。

 

 

症状は長くても数分で収まりますが、

人によっては心臓付近に痛みを感じたり、背中にまで痛みが及ぶケースがあります。

 

 

右胸に鋭い痛みを感じたならば、

肋間神経痛を発症している可能性がありますので、整形外科で受診しましょう。

 

 

 

 

胆のう炎

 

 

胆嚢炎は胆嚢が炎症を起こしている状態で、多くは胆嚢管をふさいでいる胆石が原因となっています。

 

 

胆嚢炎は胆石が胆汁の流れを妨げることで発症し、

6時間の以上の腹痛と、発熱や吐き気などの症状が現れます。

 

 

急性胆のう炎は急に発症し、

痛みの多くは右上腹部に現れるケースが多く、痛みが右胸付近にまで達することがあります。

 

 

症状が軽ければ、絶食や輸血、抗生物質などの治療が行われますが、

胆嚢に胆石が詰まっているのであれば、胆嚢ごと手術で取り除きます。

 

 

胆嚢炎は早めに病院で受診することが大切になりますので、

右上腹部もしくは右胸付近に痛みが長時間続き、発熱や吐き気などの症状が併発した場合は、

胆嚢炎の可能性を疑い、消化器内科で受診しましょう。

 

 

何科で受診すればいいの?

 

 

男性が右胸付近に痛みを感じた場合、

肺気胸や肋間神経痛、胆嚢炎が原因となっている可能性があります。

 

 

 

右胸に痛みを感じなおかつ息切れや動悸などの症状が併発した場合、肺気胸を疑い呼吸器内科

右胸が鋭く突き刺すような痛みを感じ、数分で収まるようであれば肋間神経痛を疑い整形外科で受診しましょう。

 

 

右胸の痛みが数時間続き、

吐き気や発熱などの症状が見られる場合は胆のう炎を疑い、内科もしくは消化器内科を受診しましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

最後に

 

 

 

今回は男性の右胸に起こる痛みの原因を紹介してきましたが、

ここで紹介した病気は女性にも起こりうるものです。

 

 

右胸が継続的に痛む場合は内臓や肺が痛みの原因となっていることがありますので、

早めに医師に相談してください。

 

 

自分で病気の判断ができず、何科に行けばいいのかわからない場合、

まずは内科で受診するといいでしょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

病気   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: