右胸の痛み!女性がチクチク・ズキズキ痛む時は何科で受診?

リレの生活知恵袋

右胸の痛み!女性がチクチク・ズキズキ痛む時は何科で受診?

読了までの目安時間:約 8分

 

a0001_017594

 

女性の右胸が痛むことがあります。

 

 

ズキズキしたりチクチクしたり人により痛みの感じ方も異なります。

 

 

胸に痛みを感じてしまうことで一番恐ろしいのが乳がんですが、

右胸に痛みを感じる病気はほかにもいくつか考えられます。

 

 

今回は女性の右胸がズキズキ・チクチク痛む原因と何科で受診すればいいのか解説していきますので、

是非参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

女性の右胸がズキズキ・チクチク痛む原因は?

 


 

 

 

 

女性の右胸がズキズキ・チクチク痛む原因は以下の疾患が考えられます。

 

 

・肋間神経痛

 

・胆のう炎

 

・乳腺症

 

・気胸

 

 

 

 

 

 

それぞれ解説していきます。

 

 

 

肋間神経痛

 

 

 

肋間神経痛は肋骨に沿って伸びる神経が、

何らかの原因で傷んでしまう疾患です。

 

 

左右どちらかに起こる胸の痛みが特徴で、その痛みはチクチクとするような軽い痛みから、

胸を突き刺すような鋭い痛みまで、人により痛みの感じ方は異なります。

 

 

 

ケガなどの外傷からストレスや内臓疾患など様々な原因で発症しますので、

早めに病院で受診し原因を突き止める必要があります。

 

 

一般的には咳やくしゃみ、体をねじるなどした時に痛みが酷くなりますので、

心当たりのある方は、まずは整形外科で受診しましょう。

 

 

 

胆嚢炎

 

 

 

胆嚢炎は胆嚢が炎症を起こしている状態を言います。

 

 

 

胆のうが炎症を起こしてしまう原因は、

胆石が胆管などに詰まってしまったり、細菌に感染してしまうなど様々です。

 

 

 

主な症状はズキズキとした右上腹部痛で、時には右胸や背中にまで痛みが広がることもあります。

 

 

また、発熱やおう吐、症状が進行すると黄疸などの症状が現れます。

 

 

 

さらに症状が進行してしまうと腹膜炎や敗血症など命に関わる病気になってしまう可能性がありますので、

右の上腹部や胸にズキズキとした痛みを感じ、発熱やおう吐、食欲不振などの症状が現れたら、

胆嚢炎を疑い消化器科もしくは内科で受診しましょう。

 

 

 

 

 

 乳腺症

 

 

 

乳腺症は30代から50代の女性に多く見られる良性の疾患です。

 

 

乳腺症は病名ではなく、

女性ホルモンが乱れたことにより乳腺に起こる様々な病変の総称をいいます。

 

 

ズキズキとした胸の痛みや腫瘤、乳頭分泌など様々な症状が現れますが、

これらの症状は乳がんと似ている為、検査で区別する必要があります。

 

 

乳腺症は乳房全体に及ぶ生理的変化なので、

治療の対象にはなりませんが、胸にしこりがある以上乳がんの可能性を捨ててはいけません。

 

 

右胸に痛みや腫瘤が発生したら乳がんの可能性もありますので、

外科で受診するといいでしょう。

 

また、かかりつけの産婦人科があれば、そこで相談してもいいと思います。

 

 

 

気胸

 

 

気胸は肺から空気が漏れ胸腔に溜まっている状態を言います。

 

 

通常はやせ形で長身の男性によく見られる病気ですが、

女性の方も発症することがあります。

 

 

特に女性の場合は月経随伴性気胸(げっけいずいはんせいききょう)が原因となっている場合がありますので、

注意が必要です。

 

 

 

月経随伴性気胸は子宮内膜症が横隔膜まで広がり、

生理の時に横隔膜に穴が開き、その部分から胸腔内に空気が入り気胸になってしまう病気です。

 

 

気胸は女性に少ない病気なので、

女性が気胸を起こした場合は月経随伴性気胸を疑う必要があります。

 

 

気胸の症状としては胸の痛みや呼吸困難、咳などが挙げられますが、

稀に無症状のこともあり、胸部のレントゲンでたまたま発見されるケースもあります。

 

 

突然、右胸に痛みが現れ、呼吸困難や咳などの症状を併発してしまうようであれば、

気胸を疑い内科もしくは呼吸器化で受診しましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

最後に

 

 

 

 

女性の右胸にチクチク・ズキズキとした痛みが現れる原因と何科で受診すればいいのか解説してきました。

 

 

右胸に痛みを感じる病気はいくつか考えられますが、

中には重大な病気の兆候として痛みが現れることがあるので安易な考えは禁物です。

 

 

ここで紹介した病気は乳腺症を除き、女性だけではなく男性に現れることもあります。

 

 

右胸に痛みがあり継続して痛むようであれば、

早めに病院で受診しましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

病気   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: