とびひは大人にもうつる!原因は?有効な治療法はこれ!

リレの生活知恵袋

とびひは大人にもうつる!原因は?有効な治療法はこれ!

読了までの目安時間:約 8分

 

kayui

 

夏場に水ぶくれのようなものが皮膚にできることがあります。

 

 

その水ぶくれを掻き壊してしまうことで、

周りにどんどん広がってしまうようであればとびひの可能性が高いです。

 

 

 

 

とびひは子供の病気と思われていますが、

大人でもかかってしまうことがあります。

 

 

 

今回は大人のとびひの原因と治療法を紹介していきますのでぜひ参考にしてください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

とびひとの原因とは?

 


 

 

 

 

 

 

とびひといえば子供に多い皮膚の病気ですが、

大人でもかかってしまうことがあります。

 

 

子供の頃は皮膚が弱いため、夏場に虫に刺されたり擦り傷などのけがをしてしまうと、

そこから黄色ブドウ球菌が入りこんでしまい、水ぶくれなどの皮膚疾患を起こします。

 

 

 

水ぶくれを引っ掻いてしまい、汁がほかの部位に広がることで、

飛び火のように広がってくことから「とびひ」と言われているのです。

 

 

大人の方がとびひになってしまう原因は基本的に子供と一緒ですが、

大人の場合はストレスや疲れなどで免疫が下がっているときなどにも発症しやすいのが特徴です。

 

 

ですので、

疲れやストレスがたまっている状態で、虫に刺されたり擦り傷などのケガをしてしまったときは要注意です。

 

 

その他、アトピーの方もとびひを発症しやすいと言われていますので、

普段から保湿などのケアを行いましょう。

 

 

 

とびひの症状は?

 

 

 

 

とびひの症状は水ぶくれができたり、患部がジュクジュクしたりと人により異なりますが

 

 

共通する症状としては、かゆみがあるということです

 

 

患部が痒くなるので、

その部分を掻いてしまい、汁がほかの部位に付くことで症状が広がっていきます

 

 

早めに対処すればそれほど重症化せずに済みますが、

放っておくととびひがどんどん広がってしまい、治すのにも時間がかかってしまいます。

 

 

ですので、「とびひかな?」と思ったら放っておかないで、

早急に治療することが大切になってきます。

 

 

 

治療法は?

 

 

 

 

 

とびひの治療は基本的に痒み止めの塗り薬・抗生物質・軟膏が用いられ、

体の外側と内側の両方から治療を行ないます。

 

 

 

 

このような治療法を中心に、自宅では患部を清潔に保ち、

掻いてしまったらシャワーを浴びるなどしましょう。

 

 

 

 

とびひは完全に治るまで治療をやめてはいけません。

 

 

途中でやめてしまうと、再発してしまう可能性がありますので、

皮膚科で処方された薬や抗生剤は最後まで使い、医者の指示に従いましょう。

 

 

また、とびひは初期の段階から治療することができれば、

自宅で完治させることも可能です。

 

 

とびひに有効的な市販薬としては、ドルマイシン軟膏やイソジン軟膏などを勧められるケースが多いようで、

その他にも三共株式会社のクロマイ-P軟膏なども効果的な市販薬の一つです。

 

 

とびひに気が付いたらまずは症状が広がらないように市販薬を塗り、

極力患部を触らないようにしましょう。

 

もちろん患部を掻くのは厳禁です。

 

 

その他、患部をガーゼで覆って汁が広がってしまうことを防ぐのも効果的な治療法です。

 

 

 

仕事は休むべき?

 

 

 

仕事は休まなくてもいいです。

 

 

ただ、患部を掻いた手で人に触るなどすると、

他の人に感染してしまう可能性がありますので、気を付けましょう。

 

 

もしも掻いてしまった場合は、手をよく洗い常に清潔にしておくことが重要です。

 

 

心配であれば、上司に相談してもいいでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

 

とびひは子供だけの病気ではなく、

大人でも感染してしまう可能性があります。

 

原因としては、ストレスなどにより免疫が低下しているときに発症しやすいとされていますので、

日々の体調管理をしっかり行うことで、とびひを予防することも可能です。

 

 

 

 

 

 

もしとびひになってしまったら、皮膚科で見てもらうのが一番ですが、

初期の段階であれば、自宅で治療することも可能です。

 

 

市販薬を塗り、患部を常に清潔にしておくことで、

ほかの部位へとびひが移ることを阻止できれば完治させることも可能になるでしょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

病気   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: