足の裏の痛み!内側が痛む原因は?何科で受診すればいいの?

リレの生活知恵袋

足の裏の痛み!内側が痛む原因は?何科で受診すればいいの?

読了までの目安時間:約 7分

 

komuragaeri

 

足の裏の内側が痛むことがあります。

 

特にスポーツを行っている方に多く見られ、

痛みが酷くなると日常生活に支障をきたしてしまうこともあります。

 

また、日常生活において立ち仕事を行う方にも多く見られます。

 

 

症状が酷くなると歩行が困難になったり、

立ち続けることが難しくなることもありますので、早めに医師に相談しましょう。

 

 

今回は足の裏の内側が痛む原因と何科で受診すればいいのか解説していきますので、

ぜひ参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

足の裏が痛む原因は?

 


 

 

 

足の裏の内側が痛む原因は以下のものが考えられます。

 

 

・足底腱膜炎

 

・足底線維腫

 

・種子骨炎

 

 

 

 

それぞれ解説していきます。

 

 

足底腱膜炎

 

 

足の裏の内側が痛む原因で多いのが足底腱膜炎です。

 

 

足底腱膜炎はスポーツを行っている方や、

健康のためにウォーキングやランニングを行っている方に多く見られる疾患です。

 

 

また、肥満体系の方や足首の関節が固い方、

立ち仕事を行っている方に多いのが特徴です。

 

 

足首の関節はジャンプを行ったり、ランニングをした際に足にかかる衝撃を吸収する役割がありますが、

足首が固くなると足裏に負担がかかってしまい、結果的に足底腱膜炎を発症してしまうのです。

 

 

その他、靴が自分の足にフィットしていないと足に負担がかかり、

足裏の内側が痛くなってしまうことがあります。

 

このように足底腱膜炎は様々な原因で発症しますから、

まずは原因を突き止め改善していく必要があります。

 

 

 

足底腱膜炎の典型的な症状は足裏の内側の痛みです。

 

 

日常生活において歩行やランニングを行っている際に急に足裏の内側が痛んだら足底腱膜炎を疑い、

整形外科で受診しましょう。

 

 

 

 

 

足底線維腫

 

 

足の裏の内側が痛む原因の一つに足底線維腫があります。

 

 

足底線維腫は足の裏が痛むという症状の他に、しこりのようなこぶを形成するのも特徴です

 

 

土踏まず付近にできることが多いですが

しこり自体は良性の腫瘍なので心配する必要はありません。

 

 

足底線維腫を発症すると立ったりしたり歩行したりした際に、

足の裏にこりこりとした違和感を感じ、とても不快な思いをすることもあります。

 

 

しこり自体は1~2センチ程度であることが多く、

足の指を上に反ることで足の裏にしこりが浮かび上がります。

 

歩行時に足の裏にコリコリとした痛みがある場合は足底線維腫を疑い整形外科で受診しましょう。

 

 

種子骨炎

 

 

種子骨炎を発症すると足の親指の裏側が痛くなります。

 

種子骨は足の裏にある骨で、腱のすべりをよくしたり、

体重の負荷がかかりすぎないようにするための骨です。

 

 

この骨が分裂してしまったり、血流が不足してしまうことで炎症を起こしてしまい、

結果的に種子骨炎を発症してしまうのです。

 

 

原因は生活環境やサイズの合っていない靴、スポーツなどさまざまな要因が考えられますので、

病院で原因を突き止め早めに治療を行った方がいいでしょう。

 

 

典型的な症状は足裏の親指の付け根付近の痛みです。

 

 

思い当たる症状がある方は種子骨炎を疑い整形外科で受診しましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

最後に

 

 

足の裏に痛みを感じる疾患は多数存在しますが、内側が痛む場合は

ここで紹介した疾患が考えられます。

 

中には症状を放置してしまうと、悪化してしまい日常生活に支障をきたすこともありますので、

足の裏に痛みを感じたら早めに医師に相談してください。

 

 

何科に行けばいいのか迷った時はまずは整形外科で受診するといいでしょう。

 

 

足の裏の疾患は筋肉や骨、腱が関係していることがほとんどなので、

初めは整形外科で受診しておけば問題ありません。

 

スポンサーリンク

 

子供 生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: