瞼や唇を蚊に刺された時は早く治すコツは?顔をさされない方法はこれ!

リレの生活知恵袋

瞼や唇を蚊に刺された時に早く治すコツは?顔をさされない方法はこれ!

読了までの目安時間:約 8分

 

a1180_014828

 

夏場に大量に発生する蚊。

 

 

この季節になると憂鬱になるという方は多いのではないでしょうか?

 

 

外に出れば蚊に刺され、

家の中でも蚊に刺され息つく暇もなくかゆみと戦わなければなりません。

 

 

通常は腕や足などを刺されることが多いですが、

寝ている間に瞼や唇などを刺された方もいることでしょう。

 

 

腕であれば生活に支障はきたしませんが、瞼や唇など顔を刺されてしまうとちょっと厄介ですよね。

 

外出する予定がなければ家で引きこもり腫れが引くのを待てばいいのですが、

仕事があったり、デートの予定があった場合はどうでしょう?

 

 

とてもではありませんが、真っ赤に腫れた顔で外出はできませんよね。

 

 

なので、就寝時など顔が刺されやすい時はしっかり対策を行わなければなりません。

 

 

今回は瞼や唇を蚊に刺されてしまったときに早く治すコツと、蚊に刺されないために対策を紹介していきますので是非参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

なぜ蚊に刺されると腫れてしまうのか?

 


 

 

a0002_004871

 

 

どうして蚊に刺されると腫れてしまったり、酷く痒くなるのかご存知ですか?

 

 

蚊は血を吸うときに自信の唾液も同時に注入します。

 

 

 

この唾液は、皮膚を麻痺させたり、血液を固まりにくくする作用があり

蚊が血を吸うのに大切な役割を果たしているのですが、この唾液こそが人間にとっては悪魔の液なのです。

 

 

蚊の唾液により、動物の皮膚はアレルギー反応を起こし、結果的に皮膚のかゆみや腫れを引き起こしてしまうのです。

 

 

刺される場所などにより痒みや腫れの症状は異なりますが、

まぶたや唇は特に腫れやすく、症状が長引いてしまうこともあります。

 

 

 

まぶたや唇を刺されたら

 

 

 

まぶたや唇を蚊に刺された場合、市販の薬を塗るのは困難です。

 

 

まぶたに塗って目の中に入ってもいけませんし、唇に塗って口の中に入ってもよくないので・・・

 

 

 

ですので、まぶたや唇を刺された場合まずは冷やすようにしてください

 

 

冷やすことで痒みの原因となるヒスタミンが広がるのを抑えます。

 

 

 

決して掻かないようにしましょう。

 

 

掻くことで腫れが酷くなるどころか、

さらなる痒みを誘発しますので、とにかくかゆみが治まるまで徹底的に冷やします。

 

 

 

あの痒みを我慢するのはかなりつらいと思いますが、

掻いてしまって余計に腫れてしまう方が精神的ダメージが大きいので、

そのことを考えると掻かないことの方が賢明な選択と言えるでしょう。

 

 

 

まぶたや唇を蚊に刺されてしまったら以上のことを試し腫れが引くのを待つしかありません。

 

 

どうしても腫れが引かない場合眼帯やマスク着用し隠すというのも一つの手です

 

 

スポンサーリンク

 

顔を刺されない方法

 

 

 

 

 

そもそも蚊に刺されないように対策を行えばいいのですよね。

 

 

現在は様々な虫よけのスプレーが販売されていますので、

そちらを試してみてもいいでしょう。

 

 

 

個人的にはキンチョ―の蚊が居なくなるスプレーがおすすめです。

 

 

 

ワンプッシュで12時間効果が持続しますので、

寝る前に寝室で1噴きして就寝すれば朝までは効果が持続します。

 

 

もちろん窓を開けては効果がありませんので、窓を閉め切り寝る前にワンプッシュしてください。

 

 

まぶたや唇の蚊対策は基本的にこれだけでいいですが、

その他の対策として、蚊は汗や皮脂に寄ってくる習性があるので、汗をかかないような対策を行うことにより一層刺されにくくなります。

 

 

また、蚊は黒い服によってくる傾向がありますので、

白っぽい服を着て寝るのも効果的ですよ。

 

 

 

これらの方法を行えば刺されることはまずないですが、

油断大敵という言葉があるように、少しでも気を抜くとスプレーを噴き忘れたり、窓を開けっぱなしで寝てしまったりして、

結果的に蚊に刺されてしまうということになりかねません。

 

 

 

 

ですので、毎日気を抜かず蚊対策を行いましょう。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

まぶたや唇を刺されてからでは治るのに時間がかかってしまうので、精神的なダメージも大きいので

夏場は蚊に刺されないように対策することが大切になってきます。

 

 

 

刺されない方法は寝る前にスプレーを部屋に一噴きするだけなので簡単ですよね。

 

 

 

ちなみに我が家ではこの簡単な方法で去年は一度も蚊に刺されませんでした。

 

 

 

これらの方法に加え、汗をかかないようにしたり、

白い服を着て寝ればさらに刺されなくなりますのでぜひ試してみてください。

 

スポンサーリンク

 

生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: