痰が切れない!息苦しさもあるが原因は?

リレの生活知恵袋

痰が切れない!息苦しさもあるが原因は?

読了までの目安時間:約 10分

 

virus_seki

 

痰が切れないことがあります。

 

 

 

咳などをして痰が切れることがありますが、

なかなか切れないときは非常に不快ですよね。

 

 

 

また息苦しさを感じてしまうこともあります。

 

 

 

息苦しさを感じてしまう場合は、病気などが原因となっている場合がありますので安易な考えは禁物です。

 

 

 

 

今回は痰が切れない、息苦しさを感じてしまう原因と何科で受診すればいいのか解説していきますので、

ぜひ参考にしてください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

痰が切れない!息苦しさもあるが原因は?

 


 

 

 

 

痰は肺や肺につながる気管支や器官から排出される粘液で、

常に作られており、通常は胃のほうへ流れ落ちていきます。

 

 

しかし、細菌やウイルスが体内に侵入しようとすると、体の防御反応が働く為、粘液の量が増加し、

痰の量が増えてしまいます。

 

 

風邪をひくと痰が多くなるのは、

上記の理由があるためです。

 

 

ただ、風邪をひいていないにも関わらず痰が切れなかったり、息苦しさを感じてしまう場合は以下の病気を患っている可能性がありますので注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

・肺炎

 

・肺がん

 

・食道がん

 

・結核

 

 

どれも生命を脅かすような重大な病気ですよね。

 

 

 

それぞれ解説していきます。

 

 

 

 

肺炎

 

 

 

 

肺炎は日本の死因の中で、

ガンや心疾患に次いで三位であり、年間13万人もの方が亡くなっています。

 

 

 

肺炎の症状は風邪に似ているため、

「ただの風邪だろう」と安易に考えがちですが、

実際は風邪の症状とは異なる症状がいくつか現れます。

 

 

 

肺炎はウイルスや細菌などが肺に感染し炎症を引き起こしますので、

息切れや苦しさを感じてしまうことがあります。

 

 

また、通常の風邪の痰とは違い、

緑の痰や鉄さび色の痰などが出てきます。

 

 

その他、顔や唇の色が紫色になったり、

胸に鋭い痛みを感じてしまうこともあります。

 

 

 

これらの症状が表れたら肺炎の疑いがありますので、早めに内科で受診しましょう。

 

 

 

 

 

 

 肺がん

 

 

 

 

 

肺がんは気管支や肺細胞が何らかの原因で癌化してしまう病気です。

 

 

 

肺がんは日本人のがんによる死亡原因の一位となっていますが、

患者数はさらに増加するといわれています。

 

 

 

症状は痰や息苦しさ、声の枯れ、胸の痛みなどです。

 

 

 

この病気はほかの呼吸器系の病気と区別がつきにくく、

治療が遅れてしまうケースもあります。

 

 

 

症状が進行してしまうと血液やリンパに乗って全身にガン細胞が広がってしまうので、

痰や息苦しさを感じた場合は早めに医師に相談しましょう。

 

 

 

 

食道がん

 

 

 

食道がんは初期症状に乏しく、半数以上が無症状と言われています。

 

 

 

とはいっても全く症状が表れないわけではなく、

初期の段階では物が飲み込みにくかったり、胸がしみるなどの症状が表れます。

 

 

 

症状が進行するにつれて、

食道が狭くなるので、物が飲み込めなくなったり、食べ物がつかえたりします。

 

 

 

さらに症状が進行してしまうと痰や咳、背中の痛み、息苦しさなどの症状が表れる場合があります。

 

 

食道がんは初期症状が乏しいので早期発見は難しいですが、

普段から食道や胸のつかえ感などささいなことを気にするようにし、少しでも早く発見できるようにしましょう。

 

 

早期で発見できれば、治る確率も高くなります。

 

 

 

病院で受診しても「異常なし」言われてしまうこともありますが、

食道の違和感や痛みなどが治らない場合はほかの病院で受診しましょう。

 

 

 

 

肺結核

 

 

 

肺結核は結核菌が体内に侵入してしまうことで発症する感染症です。

 

 

 

感染してしまうと咳や痰、発熱など風邪と似たような症状が表れますが、

肺結核に感染すると咳や微熱が二週間以上続きます。

 

 

症状が進行するにつれて、咳が酷くなり息苦しさを感じてくるようになります。

 

 

 

 

この時点ではすでに重症化してしまっている可能性があり、命に関わることもあります。

 

 

 

この病気は周りに感染しますので、

それを防ぐという意味でも早期発見・早期治療が非常に大切になります。

 

 

 

風邪のような症状が表れ、

咳や微熱がなかなか治らないようであれば早めに医師に相談しましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

最後に

 

 

 

 

 

痰が切れない・息苦しさも感じてしまう原因を解説してきました。

 

 

 

息苦しさを感じてしまうということは、

酸素交換を行う肺に何かしらの疾患を起こしてしまっている可能性が高いです。

 

 

 

肺の病気は命に係わることも多いので、

痰がなかなか切れず、息苦しさを感じてしまう場合は早めに医師に相談してください。

 

 

 

内科で異常が見つからなければ、

消化器科や呼吸内科で受診し、精密検査を受けることをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: