毛虫に刺された!症状や対処法は?おすすめの市販薬はムヒ?

リレの生活知恵袋

毛虫に刺された!症状や対処法は?おすすめの市販薬はムヒ?

読了までの目安時間:約 10分

 

mushi_kemushi

 

春から夏にかけてよく見かけるのが毛虫。

 

 

毛がモジャモジャしており、

その見た目の気持ち悪さから、毛虫が大嫌いと言う方も多いのではないでしょうか?

 

 

しかも奴らは毛に毒を持っており、刺されると患部が腫れてしまったり、激痛を伴う場合があります。

 

 

全ての毛虫が毒を持っているわけではありませんが、

毒を持っている毛虫も多いのが事実です。

 

 

今回は毒を持つ毛虫と、刺されたときの症状や対処法、おすすめの市販薬を紹介しますので是非参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

毒を持つ毛虫

 


 

 

 

 

 

冒頭でも書きましたが、すべての毛虫が刺すというわけでありません。

 

 

とはいっても、庭でよく見かける毛虫で刺してくる、

もしくは風で毛が飛ばされ皮膚に付着し炎症を起こしてしまう種類のものがいます。

 

 

 

以下で詳しく解説していきます。

 

 

チャドクガ

 

chadokuga_youchuu

 

 

 

 

チャドクガの幼虫(毛虫)は4月~10月にかけて二回発生し、

 

 

 

チャノキ、ツバキ、サザンカの葉を食害します。

 

 

毛虫は一匹だけでも気持ち悪いのに、

チャドクガの幼虫は集団で生活している為、見かけると鳥肌が立つほど気持ち悪いです。

 

 

ツバキやサザンカの気に毛虫が群がっていたら、チャドクガの幼虫と考えて間違いありません。

 

 

人を刺す毛は長いものではなく、

体にびっしりと生えた微細な毛です。

 

 

しかも、脱皮後の殻にも毛が残っていますので、木を剪定する際には気を付けなければなりません。

 

 

毒はそれほど強くないものの、刺されると激しいかゆみなどの症状が数週間続きます。

 

 

刺された後はそれほど痛みやかゆみを感じませんが、

時間の経過と共にかゆみが増し、腫れも広がっていきます。

 

 

ここで掻き毟ってしまうと、毛虫の毛が皮膚の奥まで入り込んでしまい、

痒みや痛みが酷くなる恐れがありますので、症状に気が付いたらテープなどで毛を取り除き、流水で洗い流しましょう。

 

その後はステロイド、もしくは抗ヒスタミン入りの市販薬を塗るのが理想です。

 

 

おすすめの市販薬はムヒアルファEXです。

 

このムヒにはステロイドが入っており、

抗炎症作用がありますので、腫れやかゆみを和らげてくれます。

 

 

 

 

ドクガ

 

 

3610himesiromondokuga1

 

 

 

 

名の通り、毒を持つ毛虫です。

 

 

ドクガの幼虫はサクラ、梅、バラなど様々な広葉樹または草花に寄生し、

稀に大発生することもあります。

 

 

6~7月頃に成虫が卵を産み、

間もなく孵化します。

 

 

幼虫の発育は遅く、冬になると集団で越冬し、新芽が出てくる春頃に再び姿を現します。

 

 

 

現に5~6月の被害が非常に多く、

この時期は特に気を付けなければなりません。

 

 

 

刺されたときの症状・対処法はチャドクガと同じです。

 

 

ドクガにも様々な種類がいますが、

毒性は不明な種類が多いのが特徴です。

 

 

ですが、刺されないほうがいいのは言うまでもありませんので、

ドクガを見つけたらなるべく近づかないようにしましょう。

 

 

イラガ

 

 

b0130166_17501567

 

 

 

 

見るからにやばそうな毛虫ですよね。

 

 

イラガは日本全国に分布し、

足がほとんどないため、腹全体で這い回ります。

 

 

体全体から伸びている毛ですが、

このトゲは体内と繋がっており、刺すのと同時に毒を注入します。

 

 

ドクガやチャドクガのようにかゆみを伴う症状ではなく、刺されると鋭い痛みを覚えます。

 

 

ドクガなどに比べ回復までの期間は早いですが、

刺されたときの痛みはかなり衝撃的です。

 

 

刺されたときの対処法は他の毛虫と同じく、

患部から毒を吸出し、水でよく洗い流したならば、ステロイド入りの軟膏を塗ります。

 

 

 

刺されたときの対処法

 

 

 

 

上記で紹介した以外にも毒を持つ毛虫はいますが、

どの種類の毛虫に刺されても基本的な対処法は変わりません。

 

 

毛虫に刺されたらまずはガムテープなど粘着力のあるもので皮膚に刺さった毛を取り除きます。

 

 

間違っても掻いたり、叩いたりしないでください。

 

刺さった毛が内部に入り込んでしまい、

症状が悪化する恐れがあります。

 

 

目で見える毛やハリに関しては、ピンセットなどで取り除くのもいいでしょう。

 

 

毛を取り終えたら、流水で患部を洗い、市販薬を塗ります。

 

 

この時にステロイド入りの市販薬を塗ることで、抗炎症作用が期待できますので、

ステロイドが入っている軟膏を選ぶようにしましょう。

 

 

ムヒシリーズで言うと、ムヒアルファEXがおすすめですよ。

 

 

 

 

これらの対処を行うことで、

腫れやかゆみが早く治ります。

 

数日経ってもかゆみや腫れが引かない場合は皮膚科で受診しましょう。

 

 

 

 

 まとめ

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

これからの季節は毛虫による被害が多発します。

 

 

木の手入れ、もしくは子供が木で遊んだり、森に出かけたときなどに刺されることが多いです。

 

 

気を付けていてもどこに毛虫が潜んでいるのかわからないので、

刺されたときのことを考え、対処法はしっかり覚えておきましょう。

 

 

刺されたら、ガムテープなどで毛や針を引き抜き、その後水で洗い流したならば、

ムヒなどを塗り腫れが広がらないようにしてください。

 

 

これらの対処法を行っても痛みやかゆみ、腫れが酷い場合は皮膚科で受診したほうがいいかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

 

生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: