日焼けで顔の皮がむけた!斑にならないようにきれいに剥く方法はこれ!

リレの生活知恵袋

日焼けで顔の皮がむけた!斑にならないようにきれいにむく方法はこれ!

読了までの目安時間:約 7分

 

a0027_001412

 

これから日差しが強い季節がやってきます。

 

 

外に出る時、顔が日焼けしないように帽子や日焼け止めを塗る方も多いと思いますが、

これらの対策を行っても、顔が日焼けしてしまうことがあります。

 

 

軽度の日焼けであれば、皮がむけることはありませんが、

がっつり日焼けしてしまうと、皮がむけてしまうことがあります。

 

 

 

特に顔は人目に付く場所ですし、

皮がむけてしまった場合、少しでも早く綺麗に治ってほしいですよね。

 

 

ただ、焦って無理やり皮をむいてしまうと、

高確率で斑になってしまいますので、注意が必要です。

 

 

 

 

今回は、日焼けにより顔の皮がむけてしまったときに、

斑にならないように綺麗にむく方法と、おすすめケアを紹介していきますので是非参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

 

 

皮がむけたらすぐに剥かない

 


 

 

 

 

 

 

日焼けにより顔の皮がむけると、ついつい剥がしたくなりますよね。

 

 

特に顔の皮むけは気になりますから、

無意識のうちにはがしてしまっていることも少なくありません。

 

 

ただ、皮を無理やりむくと斑模様になります。

 

 

日焼けで皮がむけている状態というのは、その下で皮膚が再生しようとしている証拠です。

 

 

通常であれば、下の皮膚が再生し自然に剥がれ落ちるのを待つことで、

綺麗に皮がむけ斑模様になることはほとんどありません。

 

 

 

しかし、下の皮膚が再生していない状態で皮を無理やりはがしてしまうと、

斑模様になり、きれいな皮膚にはならないです。

 

 

さらに、皮を剥いた皮膚がさらに日焼けしてしまい、シミのような跡になってしまうことがあるので注意が必要です。

 

 

 

まだら模様にならないようにするには、自然に皮がむけるのを待つのがいいでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

皮むけを目立たないようにするには?

 

 

 

 

皮が自然に剥がれ落ちるのを待つのが一番ですが、

顔の皮がむけている状態で外に出るのは恥ずかしいですよね。

 

 

 

なので、少しでも目立たなくしたいところです。

 

 

方法としては

 

 

 

 

・保湿をする

 

・ビタミンを多く摂る

 

 

 

といったところでしょうか。

 

 

保湿をすれば顔の皮がむけている状態が目立たなくなり、逆にお風呂上りなど皮膚が乾燥しているときには、

爬虫類の脱皮のように皮がむけます。

 

 

ですので、極力皮膚を乾燥させないようにすることが一番大切ことになります。

 

 

ローションよりも乳液など保湿力が高いものを使用しましょう。

 

 

 

さらにビタミンC、ビタミンA、たんぱく質を多く摂取することにより、

皮膚の再生を促し、より早くきれいな皮膚になります。

 

 

夏場であればトマトがいいでしょう。

 

a0002_011319

 

トマトにはビタミンCが多く含まれており、

さらにはビタミンA、Eも豊富に含まれていますので、積極的に食べるようにしてください。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

日焼けで顔の皮が剥けてしまった場合、無理やりはがすと斑になり綺麗な皮膚になりません。

 

 

ですので、自然に剥けるまで待ちましょう。

 

 

皮が気になる方は保湿をこまめに行うことで、

皮むけを目立たせなくすることも可能なのでぜひ試してください。

 

 

 

その他、皮膚に再生に欠かせないたんぱく質やビタミンを多めに摂取することで、

皮膚の再生も早くなりますので、日焼けして皮がむけそうであれば、

トマトや鶏肉など栄養を豊富に含んでいる食べ物を積極的に食べるようにしましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: