指先の深い切り傷は何科で受診すればいいの?

リレの生活知恵袋

指先の深い切り傷は何科で受診すればいいの?

読了までの目安時間:約 6分

 

a1180_009773

 

料理をしているときにうっかり指を切ってしまうことがあります。

 

 

浅い切り傷であれば消毒をして、

絆創膏などを貼っておけば問題ありませんが、深い切り傷であれば場合によっては縫わなければいけません。

 

 

 

傷口を縫うことで跡も目立たなくなりますし、

傷も早く治るので傷口が深い場合は病院へいき処置してもらいましょう。

 

 

今回は指先に深い傷をおってしまった時の処置法と何科で受診すればいいのか解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

深い切り傷をおってしまったら

 


 

 

 

 

浅い切り傷であれば、時間の経過と共に血が止まりますが、

傷が深い場合は血も止まりにくく、傷跡も残りやすいものです。

 

 

料理中に包丁などで指先に切り傷をおってしまったら、

患部を洗浄し傷を観察しましょう。

 

 

この時に傷口が深い場合は病院などへ行き、処置してもらわなければなりません。

 

 

 

傷口が浅い場合は、

綺麗な水で患部をよく洗い流し、傷口にごみが付いていた場合は取り除き、

絆創膏などを貼っておけば問題ありません。

 

 

傷口が深い場合は綺麗に洗浄した後に、止血を行いましょう。

 

 

 

包帯やガーゼなどを使用し傷口を強めに抑えることで止血できますが、

包帯を強めに巻くことでも止血効果があります。

 

 

圧迫後は心臓よりも手の位置を上にあげ

心臓との落差を作ることで、手の血圧を下げます。

 

その後は絆創膏などで患部を覆って概ねの処置は完了です。

 

 

基本的にはこれらの処置法でいいですが、

傷が深い場合や血が止まらない場合は病院で受診しましょう。

 

 

 

病院は何科へ行けばいいの?

 

 

指先に深い切り傷をおってしまった場合何科へ行けばいいのでしょうか?

 

 

 

基本的には形成外科もしくは皮膚科で受診してください。

 

 

外科という意見もありますが、

「外科」「一般外科」というのは主に消化器外科のことを指していますので、

形成外科の方が専門的です。

 

 

指先は包丁などでけがをすることが多いですが、

錆びた釘や、動物に咬まれた傷、ギザギザした傷などは傷が浅くても念のため病院へ行き処置をしてもらった方がいいでしょう。

 

 

 

病院へ行くのか迷ったら

 

 

 

基本的に浅い切り傷であれば病院へいく必要はありません。

 

 

患部を綺麗に洗い、

絆創膏などを巻いておけばいいでしょう。

 

 

 

ただ、傷が深く出血がひどい場合は病院へ受診してください。

 

 

 

その他、前項でも記述しましたが犬にかまれた、ギザギザした傷、錆びたくぎ、関節を跨いだ切り傷は病院で受診したほうがいいでしょう。

 

 

これらの傷は感染症になるリスクが高く、また傷が跡になってしまうことがありますので、

病院での治療を行った方がいいです。

 

 

また、小さな切り傷であっても、

傷口が汚れていると化膿してしまう可能性がありますので、

ケガをした後に患部が赤く腫れたり、膿が出てくるようであれば傷口が化膿している可能性がありますので、病院で受診しましょう。

 

 

 

放置すると周りの組織に感染したり、免疫が低下している時は敗血症などの全身疾患につながる恐れがあります。

 

スポンサーリンク

 

 

 

最後に

 

 

 

 

指先に深い切り傷を負った時の対処法と、何科で受診すればいいのか解説してきました。

 

 

指先はケガをしやすいので、

場合によっては深い切り傷を負ってしまうことがあります。

 

 

傷が深い、もしくは血が止まらない時は皮膚科か形成外科で受診しましょう。

 

 

 

病院へ行こうか迷った時はとりあえず病院へ行っておけば安心です。

 

 

 

スポンサーリンク

 

生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: