指の第一・第二関節が痛い!原因は?何科で受診すればいいの?

リレの生活知恵袋

指の第一・第二関節が痛い!原因は?何科で受診すればいいの?

読了までの目安時間:約 8分

 

a0002_011722

 

指の第一・第二関節が痛むことがあります。

 

 

ぶつけたり、ひねったりしていないにも関わらず指の関節が痛むと「何かの病気では?」と心配になりますよね。

 

 

 

実際に病気が原因で指の関節が痛くなることがありますので、

安易な考えは禁物です。

 

 

実際に病気だった場合、症状を放置してしまうと病気が進行し、日常生活に支障をきたしてしまうことがあります。

 

 

今回は指の第一・第二関節が痛む原因と何科で受診すればいいのか解説しますので、

是非参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

指の第一関節・第二関節が痛い原因は?

 


 

 

 

 

指の第一関節が痛む場合原因は

 

・へバーデン結節

 

 

指の第二関節が痛い場合は

 

・ブシャール結節

 

などの病気が考えられます。

 

 

またリウマチなどの病気も指の関節に痛みや変形などの症状が現れます

 

 

それぞれ解説していきます。

 

 

へバーデン結節

 

 

へバーデン結節は指の第一関節が変形し、赤く腫れたり痛みを伴う病気です。

 

 

発症してしまう原因はわかっていませんが、

40代以降の女性に多く見られます。

 

 

また、指をよく使う人に多く見られるのも特徴です。

 

 

典型的な症状は第一関節の腫れや痛みで、

症状が進行してしまうと指が変形して、曲がりにくくなり日常生活に支障をきたすこともあります。

 

 

 

その他、第一関節に水疱のような水ぶくれになることもあります。

 

 

へバーデン結節の治療法はテーピングや局所の安静などがありますが、

日常生活に支障をきたしてしまう場合は手術などの治療が行われます。

 

 

指の第一関節が腫れ、痛みや水疱、変形などの症状が現れたらへバーデン結節を疑い整形外科で受診しましょう。

 

 

 

 

ブシャール結節

 

 

 

ブシャール結節は指の第二関節に腫れや痛み、変形を伴う病気です。

 

 

 

ブシャール結節もへバーデン結節と同様、女性に多いのが特徴ですが、

中高年以降の男性に見られることもあります。

 

 

はっきりとした原因はわかっていませんが、

加齢に伴い関節の軟骨がすり減ることで発症すると考えられています。

 

 

 

症状としては指の腫れや痛み、赤み、水ぶくれなどで

症状が進行してしまうと指が曲がりにくくなったりしますので、

日常生活に支障をきたしてしまうことがあります。

 

 

ブシャール結節の治療法としては患部の固定や安静、

痛みがある場合には鎮痛薬や注射などの治療が行われます。

 

 

また、変形が進行し痛みが酷いようであれば手術を行う場合があります。

 

 

 

指の第二関節に腫れや痛みがある場合はブシャール結節を疑い整形外科で受診しましょう。

 

 

 

 

リウマチ

 

 

指の第一関節、第二関節が痛む病気の一つにリウマチがあります。

 

 

 

リウマチは体の関節が壊れていく病気で、

30~50代の女性に多く見られます。

 

 

 

症状は関節の腫れや痛みなど、一見するとブシャール結節やへバーデン結節などの症状と似ていますが、

リウマチの場合は朝のこわばりが現れます。

 

 

朝のこわばりは、朝起きたときになんとなく手の指が固くて曲げにくい、

手の指が腫れぼったいなどの症状です。

 

 

初期段階では手の指の付け根とその次の関節に起きることが多く

第一関節にはあまり症状が現れません。

 

 

 

症状が進行していくと大きな関節にまで炎症が及んでしまい、軟骨や骨が少し壊れていき、

日常生活が制限されてくるようになります。

 

 

関節リウマチは発症してから2年で関節や骨が壊れていくと言われており、

一度壊れた関節は元に戻すことが困難になりますので、症状に気が付いた場合は早めに病院で受診しましょう。

 

 

関節に腫れや痛み、朝のこわばりなどの症状が現れたらリウマチを疑いリウマチ科で受診しましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

最後に

 

 

 

指の第一・第二関節が痛い原因と何科で受診すればいいのか解説してきました。

 

 

指をぶつけたり、捻っていないにも関わらず第一・第二関節が痛む場合、

病気が原因となっている可能性があります。

 

 

特にリウマチなどの病気が原因となっている場合、早急な治療を行わなければ関節や骨が破壊されていき、

元に戻らなくなってしまうこともあるので早めに医師に相談しましょう。

 

 

病気の判断が難しく何科で受診すればいいのかわからない場合は、まずは整形外科で受診するといいでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: