手の甲が腫れて痛い!原因は?何科で受診すればいいの?

リレの生活知恵袋

手の甲の痛み!腫れる原因は?何科で受診すればいいの?

読了までの目安時間:約 8分

 

a0002_000080

 

手の甲が腫れて痛みを起こすことがあります。

 

 

手をぶつけていないのも関わらず、突然腫れてしまったら不安になりますよね。

 

 

 

しかも、手は人目に触れる場所ですから、

腫れていたり、しこりがあると気になって仕事に集中できないこともあります。

 

 

ですので、原因を特定して早く治療したいところです。

 

 

今回は手の甲が腫れて痛む原因と、何科で受診すればいいのか解説していきますので、

是非参考してください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

手の甲の痛みの原因は?

 


 

 

 

 

手の甲が腫れて痛む原因はいくつか考えられます。

 

病気が原因になることもあれば、

手の骨が折れている可能性もあります。

 

 

以下で詳しく解説していきます。

 

 

 

ガングリオン

 

 

 

 

ガングリオンは皮膚の下にできる瘤です。

 

 

 

基本的に痛みは伴いませんが、

神経のそばにしこりができるようであれば、神経を圧迫し痛みが起こることも考えられます。

 

 

 

瘤の中身はゼリー状のドロドロした液体で満たされており、

関節の近くや腱の周り、膝の半月板などの周りにできることがあります。

 

 

当然、手の甲ガングリオンによる腫れが起こることも考えられますので、

痛みのない瘤のようなしこりができた場合はガングリオンの可能性が高いです。

 

 

ガングリオンは整形外科で受診しましょう

 

 

 

 

リンパ浮腫

 

 

 

リンパ浮腫はリンパが圧迫されたり、狭窄することによりリンパ管の内容物が外に染みだし

皮膚が腫れたりむくんだりする病気です。

 

 

原因不明の一次性と、子宮がんや乳がんの手術後に見られる二次性がありますが、

ほとんどの場合二次性が原因でリンパ浮腫を発症します。

 

 

 

特に若い女性に多い病気で、

最初は夕方になるとかかとや手の甲が腫れ、寝て起きると腫れが引いています。

 

 

なるべく早い段階で医者へ行った方がいいのですが、

ここで病院へ行かず病気を放置してしまうと、次第に皮膚が固くなってきてしまい、像皮症になってしまう可能性があります。

 

 

 

原因のほとんどがガンの術後に発症するということなので、

手術後に手の甲にむくんだような腫れの症状がみられる場合はリンパ浮腫を疑った方がいいでしょう。

 

 

症状に気が付いたら内科へ行き診断を受けてください。

 

 

 

痛風

 

 

 

 

痛風は足にできるのが一般的ですが、

稀に手に症状が出てしまうことがあります。

 

 

原因としては、高尿酸結晶の状態が長く続くことにより、

尿酸の結晶が関節などに付着し炎症を起こすことで発症すると言われています。

 

 

発症する9割以上が男性とされており、

活動的でアルコール、または肉を多量に摂取する方に多くみられます。

 

 

 

発症時の症状としては、強烈な痛みと共に、患部の腫れ、発熱などを伴います。

 

 

ですので、手の甲にこれらの症状が現れた場合痛風の可能性もありますので、

整形外科か内科で受診してください。

 

 

スポンサーリンク

 

骨折

 

 

 

 

中手骨骨折の可能性もあります。

 

 

 

この骨折は実は打撲だと思っている場合が多く、

しかし、手の甲が異常に腫れたり、痛んだりすることから病院へ通院し、

始めて自分が骨折していることに気が付くという方も少なくありません。

 

 

それほど、症状に気が付きにくい骨折なのですが、

手をついたり、手の甲を何かにぶつけてしまうことで、容易に骨が折れてしまうことがあるので、

これらのことに心当たりがあり、手の甲が腫れてしまっている場合は骨折を疑いましょう。

 

 

 

手の甲の骨折は酷く腫れますので、判断は比較的容易だと思います。

 

 

症状に気が付いたら整形外科で受診しましょう。

 

 

 

まとめ

 

 

手の甲の腫れや痛みの原因と、何科で受診すればいいのか解説してきました。

 

 

手の甲に瘤のようなものができなおかつ痛みを伴わないもしくは微痛がある場合はガングリオンの可能性があるので整形外科へ、

手術後に手の甲が腫れてしまう場合は、リンパ浮腫の可能性があるので内科へ、痛風の症状も同様に内科もしくは整形外科で受診してください。

 

 

全く原因がわからず、病名の見当もつかない場合は、

まず整形外科へいき医師の診断をうけましょう。

 

 

 

「そのうち治るだろう」という安易な考えは禁物です。

 

 

もしも病気だった場合症状が酷くなり、手に障害をきたしてしまう可能性がありますので、

躊躇せず医師に相談してください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: