手の指にできた魚の目!原因は?イボの可能性も!

リレの生活知恵袋

手の指にできた魚の目!原因は?イボの可能性も!

読了までの目安時間:約 8分

 

a1180_014912

 

手の指に魚の目ができてしまうことがあります。

 

 

魚の目ができ、中心にできる芯が神経まで伸びると神経を刺激しますので、

鋭い痛みを伴うこともあります。

 

 

魚の目は名の通り魚の眼球に似ている為、魚の目と言われています。

 

 

ハイヒールやサンダルを履く機会の多い女性に多く見られる皮膚疾患ですが、

時には手の指にできてしまうことがあります。

 

 

 

 

足にできる魚の目の多くは継続的な刺激が続くことにより発症しますが

手の指にできる魚の目はどのような原因でできてしまうのでしょうか。

 

 

また、魚の目に似ている皮膚疾患にイボがありますが、

違いはどこにあるのでしょうか。

 

気になったので調べてみしました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

手の指にできる魚の目の原因は?

 

 

 

魚の目の発生原因は同じ部位への継続的な刺激や摩擦、刺激などです。

 

 

足に魚の目ができてしまう原因の多くは、

サイズが合わない靴を履きつづけることで、足の同じ場所に継続的な刺激を与えてしまう為です。

 

 

 

また、立っている時の姿勢が悪く、

足にかかる体重が偏っていることも原因として挙げられます。

 

 

 

では、手の指に魚の目ができてしまう原因はどこにあるのでしょうか?

 

 

基本的には手の指にできる魚の目も、足にできる魚の目と同様に継続的な刺激や摩擦などにより発症してしまいます。

 

 

手の指に継続的な刺激や摩擦がかかる原因は、

ペンを握って仕事をしたり、現場作業で継続的に指に負担がかかる仕事をした場合に起こりやすいと言えます。

 

 

 

魚の目は中心に芯ができますので痛みを伴う場合が殆どですが、

痛みを伴わないしこりが指の先にできた場合イボやタコが原因となっているかもしれません。

 

 

 

イボって何

 

 

イボはウイルスや細菌が皮膚の小さな傷口から入り込み、しこりのようなものを形成する発症する皮膚疾患です。

 

 

このウイルスの種類は100以上あると言われていますが、

殆どは良性のもので放置していても自然治癒します。

 

 

ウイルスに感染すると数か月後に半球状の突起物ができ次第に肥大化していきますが、通常痛みはありません。

 

 

症状を放置してしまうと広がってしまうことがありますので、

早めに皮膚科医に相談しましょう。

 

 

 

タコって何?

 

 

タコは皮膚のある一部分に継続的に刺激もしくは摩擦が起こることで、角質が厚くなり皮膚が盛り上がった状態のことを言います。

 

 

野球やテニスなどのスポーツをやっている方に多く見られます。

 

 

また、ペンだこと言われるタコもありますが、

これもペンの持ち方が悪かったり、継続的な摩擦や刺激が指の一部分にかかることで発症してしまいます。

 

 

魚の目が手の指にできてしまうと痛みを伴うことがほとんどですが、

タコに関しては痛みを伴うことはありません。

 

 

むしろ手の指の角質が厚くなることで痛みに鈍感になることもあるほどです。

 

 

 

魚の目・タコ・イボの違いを見分けるには?

 

 

 

魚の目とタコ、イボの違いは押した時に痛みを伴うかどうかがポイントになります。

 

 

 

魚の目に関しては中心に芯ができ、その芯が神経まで伸びているので押すと鋭い痛みを伴います。

 

 

タコやイボに関しては基本的に痛みを伴いませんが、

細菌感染を起こすと痛みを伴うことがあります。

 

 

その他、子供の足や手にはイボができやすいので、

身体のどこかに原因不明のしこりができた時は、イボを疑いましょう。

 

 

 

タコや魚の目は継続的な刺激や摩擦を受けることで発症しますので、

心当たりがある方はタコや魚の目を疑いましょう。

 

 

タコができても医者に行く必要はありませんが、

魚の目やイボができた時は早めに皮膚科で受診してください。

 

スポンサーリンク

 

 

最後に

 

 

 

 

手の指に魚の目ができる原因とイボやタコとの違いを紹介してきました。

 

 

手の指に魚の目ができてしまう原因は、

足に魚の目ができてしまうのと同様に、継続的な刺激や摩擦が原因となっていることが殆どです。

 

 

しこりの中心に芯があり痛む場合は魚の目、

角質が厚くなり皮膚が黄色みかかっている場合はタコです。

 

 

イボは表面がザラザラしており、全身の至る場所に症状が現れます。

 

 

 

タコや魚の目だった場合は早めに皮膚科医で治療しましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: