右下腹部に違和感が!男性と女性で原因は異なるの?何科で受診する?

リレの生活知恵袋

右下腹部に違和感が!男性と女性で原因は異なるの?何科で受診する?

読了までの目安時間:約 8分

 

sick_mouchou_chusuien

 

右下腹部に違和感や痛みを感じてしまうことがあります。

 

 

男性であれば前立腺の病気が考えられ、

女性であれば子宮関係の病気が考えられます。

 

 

しかし、この他に内臓疾患により右下腹部に違和感や痛みを感じてしまう場合があります。

 

 

ですので、安易な考えはせず早めに医師に相談してください。

 

 

今回は右下腹部に違和感を感じる原因と何科で受診すればいいのか解説していきますので、

是非参考にしてください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

右下腹部に違和感を感じる原因は?

 


 

 

 

 

 

女性で考えられる原因は?

 

 

 

・子宮筋腫

 

 

 

女性の右下腹部が痛む原因の一つに子宮筋腫があります。

 

 

 

 

子宮筋腫は子宮の平滑筋部分から発生し、

女性ホルモンの働きにより成長していく良性の腫瘍です。

 

 

多くは30歳以上で発生し、

その割合は20~30%です。

 

 

筋腫自体が小さな場合、自覚症状はほとんどありませんが、

腫瘍が大きくなると出血や潰瘍、違和感を感じるようになります。

 

 

筋腫ができる場所によっては右下腹部に痛みを感じる場合があります。

 

 

卵巣腫瘍

 

 

 

卵巣は子宮の左右に一つずつあります。

 

 

 

卵巣腫瘍はこの卵巣が腫れてしまうことで発症する病気で、

通常は片側に発生することが多いですが、両側に発生してしまうことがあります。

 

 

卵巣腫瘍はほかの臓器と比べて非常にたくさんの種類があり、

良性、悪性、境界悪性に分けられています。

 

 

一般的に液体成分が溜まり腫瘍を形成している卵巣嚢腫が多く見られますが、

ほとんどが良性です。

 

 

症状としては下腹部の違和感や膨満感、便秘、頻尿で、

右下腹部に違和感が表れた場合は右側の卵巣に腫瘍ができている可能性があります。

 

 

稀に卵巣がんを患ってしまっている可能性がありますので、

卵巣腫瘍の症状が表れたら早めに婦人科で相談しましょう。

 

 

 

男性で考えられる原因は?

 

 

 

 

男性で考えられる原因は前立腺などの病気です。

 

 

前立腺の病気は

 

 

・前立腺炎

 

・前立腺がん

 

・前立腺肥大症

 

 

などです。

 

 

 

この中で右下腹部に違和感を感じてしまうことがあるものは前立腺炎そして前立腺がんです。

 

 

 

これらの病気は発熱や下腹部痛、排尿困難、頻尿などの症状を併発してしまうケースも多いですが、

前立腺がんに関しては症状が進行してからこれらの症状が表れますので、

早めに病院で受診する必要があります。

 

 

 

男性・女性で考えられる原因は?

 

 

 

男性・女性で右下腹部に違和感を感じてしまう病気は

 

 

・過敏性症候群

 

・大腸がん

 

・腎盂腎炎

 

 

 

などが考えられます

 

 

 

過敏性症候群

 

 

 

過敏性症候群は検査や血液検査を行ったにも関わらず、

腹痛や下痢の原因が解明できない病気です。

 

 

主な症状は腹痛や腹部の違和感、下痢です。

 

 

右下腹部に違和感を感じるケースもあります。

 

 

大腸がん

 

 

 

大腸がんは大腸に発生した悪性腫瘍です。

 

 

早期ではほとんど症状がありませんが、

病気が進行してくると腹痛や違和感、しこりなどの症状が表れます。

 

 

悪性腫瘍ができる位置によっては右下腹部に違和感を感じてしまう場合があります。

 

 

 

腎盂腎炎

 

 

腎盂腎炎は尿を作る腎臓が炎症を起こしてしまう病気です。

 

 

 

悪寒や発熱、倦怠感、脇腹の痛み、膀胱炎の症状が起こります。

 

 

 

いずれの病気も消化器科を受診するといいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 最後に

 

 

 

右下腹部に違和感を感じる原因と何科で受診すればいいのか解説してきました。

 

 

女性の場合は子宮もしくは卵巣に何らかの病気を患っている可能性が高く、

男性の場合は前立腺の病気にかかっている可能性があります。

 

 

いずれにしても右下腹部に違和感や痛みが数日続く場合は早めに医師に相談しましょう。

 

 

女性の場合は婦人科で受診し、男性は泌尿器科で受診するといいでしょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: