下腹部がチクチク痛い!男性で考えられる原因は?

リレの生活知恵袋

下腹部がチクチク痛い!男性で考えられる原因は?

読了までの目安時間:約 9分

 

virus_fukutsuu

 

下腹部がチクチクと痛むことがありますよね。

 

 

突然下腹部が痛むと「何かの病気では?」と心配になってしまいます。

 

 

 

便のつまりなど一時的な痛みであればそれほど気にする必要はありませんが、

継続する痛みや、チクチクと鋭い痛みが継続するようであれば病気が原因となっている可能性がありますので注意が必要です。

 

 

今回は男性の下腹部がチクチクする原因と何科で受診すればいいのか解説していきます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

男性の下腹部がチクチク痛む原因は?

 


 

 

 

 

 

男性の下腹部がチクチクと痛む原因は以下のものが考えられます。

 

 

 

・過敏性腸症候群

 

・虫垂炎

 

・精巣上体炎・精巣捻転

 

 

それぞれ解説していきます。

 

 

 

 

過敏性腸症候群

 

 

 

急な下腹部の痛みはこの過敏性腸症候群が原因となっている場合があります。

 

 

 

過敏性腸症候群、、、

聞きなれい病気ですが、実は消化器科を受診する約半数の方が過敏性腸症候群だといわれています。

 

 

 

この病気はレントゲンや血液検査、内視鏡などの様々な検査を行っても体に異常が見つからないという特徴があります。

 

 

 

検査を行っても異常が見つからないにも関わらず、

腹痛や下痢、便秘などの症状が現れ患者を苦しめます。

 

 

時には下腹部にチクチクとした痛みを伴う場合もあります。

 

 

 

 

この病気はストレスや私生活での悩みなど精神的な面での負担が原因となり発症してしまうケースが多いので、

消化器科で受診して治癒しない場合は、精神科や診療内科で根本的な治療を行うようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 虫垂炎

 

 

 

 

虫垂炎は盲腸から突き出た虫垂が何らかの原因で炎症を起こしてしまう病気です。

 

 

 

一般的には盲腸と言わることが多いですが、

実際は虫垂が炎症を起こして発症する病気なので、虫垂炎と呼ばれることも多くなっています。

 

 

 

 

この病気は適切な処置を行えば予後のいい病気ですが、

症状を放置してしまったり、処置が遅れてしまうと腹膜炎や敗血症を引き起こしてしまい命にかかわることもありますので、

早めの処置が必要になります。

 

 

典型的な症状はへそ周りのチクチクとした痛みで、

時間の経過とともに痛みは右下腹部に移動していきます。

 

 

痛みも酷くなり、吐き気や発熱、食欲不振などの症状が現れる場合もあります。

 

 

 

発熱に関しては38度程度ですが、39度以上の場合は腹膜炎を引き起こしている可能性があります。

 

 

 

ある日突然へそ周りから下腹部にかけてチクチクとした痛みが現れ、

時間の経過とともに痛みが酷くなったり、吐き気や発熱、食欲不振などの症状が現れたら虫垂炎を疑い早めに消化器科で受診しましょう。

 

 

 

 

 

 

精巣上体炎・精巣捻転

 

 

 

 

男性には精巣と呼ばれる生殖器があります。

 

 

 

この精巣が何らかの原因で炎症などを引き起こしてしまうことで、

下腹部にチクチクとした痛みが現れることがあります。

 

 

 

・精巣上体炎

 

 

精巣の横には精巣上体と呼ばれる器官が付着しています。

 

 

 

精巣上体炎はこの器官に細菌が入り込み、炎症を引き起こしてしまう病気です。

 

 

 

 

通常、尿には炎症を引き起こすほどの細菌はいませんが、

膀胱炎や前立腺肥大症や尿道炎などの病気を患っている場合は、

そこから細菌が入り込んでしまうことで、精巣上体炎を発症してしまいます。

 

 

症状としては陰嚢の軽い痛みで

症状が進行するにつれて、下腹部や足の付け根に痛みを感じる場合もあります。

 

 

 

さらに症状が進行してしまうと陰嚢が破れて膿が出てきてしまうことも、、、

 

 

早めに処置を行えば予後もいいですが、

治療が遅れてしまうと精巣を摘出しなければならないケースもありますので、

陰嚢や下腹部、鼠蹊部に痛みや腫れが現れたら早めに泌尿器科で受診しましょう。

 

 

・精巣捻転

 

 

 

精巣捻転は精巣そのものがねじれるのではなく、

腹部と精巣をつなぐ精索と呼ばれるひも状の部分がねじれてしまう病気です。

 

 

 

新生児期や思春期に多い病気で、

症状を放置してしまうと、精巣に血液が行かなくなり精巣が壊死してしまうこともあります。

 

 

 

症状は精巣から下腹部にかけての痛みで、

吐き気を伴う場合もあります。

 

 

 

捻転が起きてから6~12時間で精巣が壊死してしまうので、

症状が現れたらできるだけ早く病院で受診しましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

最後に

 

 

 

 

男性の下腹部にチクチクと痛みが現れる原因を解説してきました。

 

 

原因は様々ですが、

中には命に関わる病気もありますので安易な考えは禁物です。

 

 

 

 

また、命にかかわらなくとも精巣捻転などを発症してしまうと、

精巣を失ってしまう場合もありますので、

激しい下腹部の痛みが現れ、その痛みが続くようでしたら早急に泌尿器科で受診しましょう。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

生活 病気   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: