しもやけとあかぎれの違いは?症状を見分けるポイントはこれ!

リレの生活知恵袋

しもやけとあかぎれの違いは?症状を見分けるポイントはこれ!

読了までの目安時間:約 9分

 

a1640_000167

 

冬に多く見られるあかぎれとしもやけ。

 

 

寒い時期になるとこれらの皮膚疾患が多くなるので、

悩まされる方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

私自身、毎年しもやけに悩まされています。

 

 

指の腫れやかゆみなど、

様々な症状を引き起こすしもやけですので、生活するうえでも非常に不愉快です。

 

 

そして同じ冬に多くなる皮膚疾患にあかぎれがあります。

 

 

両者とも冬に発症しやすい皮膚疾患なので、

混同している方も多いと思いますが、原因も違えば対処法も異なります。

 

 

 

今回はあかぎれとしもやけの違い、そして対処法を紹介していきますので是非参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

しもやけとは?

 


 

 

 

 

まずしもやけとはどのような疾患なのか解説していきます。

 

 

 

しもやけは血液が滞りやすい手や足、鼻、頬、耳に症状が現れます。

 

 

 

原因としては血流の流れが滞ることにあります。

 

 

冬場は一日の中で暖かい場所と寒い場所に行き来しますが、

寒い場所で血流が悪くなっている時に、こたつやストーブなど暖かい場所に行くと、

血流が一気によくなりますので、神経が刺激を受けることでしもやけになると言われています。

 

 

寒い環境から暖かい環境になった時に、

手や足にムズムズとした痒みなどを感じたことがある方も多いと思いますが、

この繰り返しがしもやけの原因となっているのです。

 

 

 

しもやけの症状としては

 

 

・手足のかゆみ

 

・赤紫の腫れ

 

・冷えると痛みを伴う

 

・掻いた後に痛みがある

 

・触ると痛

 

 

です。

 

 

あかぎれはかゆみなどの症状はありませんが、ひび割れなどの症状がありますので、

そこでしもやけとの違いを見分けることができます。

 

 

 

しもやけはかゆみや痛みなどを伴いとても不快なので、

予防が大切になります。

 

 

対処法としては温冷足湯があります。

 

 

温冷足湯は名の通り、

冷たい水と暖かいお湯に手足をつけて、体の末端を冷えにくくする療法で、

毎日継続して行うことで、しもやけを予防する効果が期待できます。

 

 

方法もいたってシンプル。

 

 

オケを二つ用意し、

それぞれに水と40度程度のお湯を入れ、冷たい水と暖かいお湯を交互につけるだけです。

 

 

 

時間はそれぞれ一分程度を3回程度繰り返すだけで構いません。

 

 

 

また、普段から体の末端部分を冷やさないように、

厚手のソックスや手袋を着用しましょう

 

 

しもやけが改善しない場合は早めに医師の診断を受けることも大切になります。

 

 

 

 

あかぎれとは?

 

 

 

しもやけが血流障害によって引き起こされるのに対して、

あかぎれは皮膚の乾燥や栄養不足により症状が現れます。

 

 

冬など寒い時期になると、

手の油分や汗が少なくなり、手が乾燥します

 

 

さらに血液の循環も悪くなりますので、

指先に栄養が行きわたらなくなり、あかぎれが治癒しないばかりか、症状が酷くなっていきます。

 

 

特に水仕事を行う機会の多い主婦、料理人、美容師の方に多く見られ、

症状が酷くなる傾向にあります。

 

 

 

あかぎれの典型的な症状は手の乾燥とひび割れです。

 

 

 

症状が進行するとひび割れが酷くなり、

出血や慢性的な痛みを伴うようになるので、早めに対処する必要があります。

 

 

対処法は?

 

 

あかぎれは皮膚の乾燥や栄養不足によって起こるので、

対処法は手を乾燥させないこと、そして保湿や血行不良を改善させることが重要になります。

 

 

具体な対処法は

 

 

・水仕事を行うときは手袋を着用する

 

・手が乾燥しているときはハンドクリームを塗る

 

・血行促進効果のあるビタミンEを摂取する

 

 

これらの対策を行うことで、あかぎれを防ぐことができます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

あかぎれとしもやけ・違いを見分けるポイントは?

 

 

 

 

しもやけは血行不良により引き起こされるので

皮膚にムズムズとしたかゆみや腫れなどの症状が現れます。

 

特に腫れに関しては赤黒く変色することもあり、

症状が酷くなると指の曲げ伸ばしも困難になるほど、腫れてしまいます。

 

 

あかぎれに関しては、

指の乾燥やひび割れが特徴で腫れやかゆみを伴うことはほとんどありません。

 

 

一見するとあかぎれとしもやけの症状は異なりますので、

違いを見分けるのは比較的容易です。

 

 

しもやけの症状は

 

・かゆみ

 

・腫れ

 

・痛み

 

 

あかぎれの症状は

 

 

・ひび割れ

 

・乾燥

 

です。

 

 

 

ただ、どちらの疾患も正しい対処法を行わなければ症状が悪化してしまうので、

しっかりと予防を行いましょう。

 

 

また、症状があまりにも酷くなってしまった場合は皮膚科で受診してもいいです。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: