子供の舌が白い!原因は?口臭の元となることも!

リレの生活知恵袋

子供の舌が白い!原因は?口臭の元となることも!

読了までの目安時間:約 7分

 

a0002_008200

 

「子供の口臭が臭い」なんてことありませんか?

 

 

口の中を見ると、舌が白くなっていることがあり、

これが原因となり口臭が臭ってしまっていることがあります。

 

 

 

子供に限らず大人にも見られますが、

舌が白くなる原因はどこにあるのでしょうか?

 

 

今回は舌が白くなる原因と、舌の汚れを取る方法を紹介していきますので

ぜひ参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

舌が白くなる原因は?

 


 

 

 

 

 

舌が綺麗なピンク色ではなく、

白くなってしまっていることがあります。

 

 

これは口内の食べかすや細菌の汚れが溜まり、舌に堆積したことで起こる舌苔です

 

 

舌苔は食べ物のカスなどが堆積したことにより起こる病気ですが、

実際は体の体調など様々な要因が重なり合い、発症します。

 

 

主な原因としては

 

 

・唾液量分泌不足による口の渇き

 

・免疫力の低下(風邪など)

 

・口呼吸

 

・嗜好品

 

・加齢、ストレス

 

 

など様々です。

 

 

この中で子供の原因として多いのが、

口呼吸免疫力の低下です。

 

 

うちの子供も風邪をひく前や鼻がつまって口呼吸になるときは、必ずといっていいほど口臭がきつくなります。

 

 

 

通常の状態では口臭が気になることはありませんが、

風邪を引くことで、体の免疫が低下し口の中の細菌が増えることで、

舌苔が付きやすくなってしまうのです。

 

 

また、口で呼吸していると舌の汚れが乾燥して取れにくくなってしまいます。

 

 

ですので、子供には普段から口を閉じて鼻で呼吸するように指導しましょう

 

 

 舌苔をとるには?

 

 

 

舌苔が酷くなったからといって歯ブラシなどでゴシゴシ磨いてはいけません

 

 

舌の白い汚れは取れるかもしれませんが、

同時に舌の粘膜も傷つけてしまう可能性があり、他の病気に繋がってしまう可能性があります。

 

 

ですので専用の舌ブラシを使用して舌苔を取りましょう。

 

 

やり方としては

 

 

(1)鏡を見ながら舌をだし、舌が白い部分を確認してください。

 

(2)舌ブラシを水に浸した後、

鏡で見える最も奥に舌ブラシを当て手前に向かって優しく引いてきます。

 

決して力を入れすぎず、優しく引いてきましょう

 

(3)舌ブラシを洗い、舌苔が出なくなるまで何度か繰り返し行います

 

 

小さなお子さんは自分ではできないと思いますので、

大人がやってあげましょう。

 

また、舌の運動を行っても効果的ですよ。

 

 

 

 

 

予防法はあるの?

 

 

 

子供の舌が白くなる原因は、口呼吸体調不良による免疫低下が考えられます。

 

 

ですので、普段から鼻呼吸を意識したり、

体調を崩さないように規則正しい生活を行うことも重要になってきます。

 

 

また、お菓子なども舌苔が溜まる原因となりうるので、

控えるようにしましょう。

 

 

定期的な舌磨きも効果的なので、

舌が白くなり始めたり、口臭がきつくなってきたら、舌ブラシを使いケアしてください。

 

 

 

基本的にこれらのことを意識しながら過ごしていけば、

子供の舌は白くならず、口臭も防ぐことができます。

 

 

これらの対策を行っているにも関わらず、口臭が臭うなどの症状があれば、

鼻炎やストレス、虫歯などほかの原因が考えられますので、対象となる病気がないかチェックしましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

 

 

子供の口臭の原因は舌苔であることが多いです。

 

 

舌苔は食べかすや口呼吸による雑菌の増殖に加え、

体調不良など免疫低下も子供の舌を白くしてしまう原因となるのです。

 

 

ですので、日ごろから子供の口臭や舌苔には注意を払い、

何か変化があれば、「子供の体調は悪くないか?」「虫歯や鼻炎はないか?」などを確認することも大切なことです。

 

 

 

また、定期的に舌苔を取りましょう。

 

 

小さなお子さんではうまくできないでしょうから、

大人の方がやってあげてください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

子供   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: